暮らすように 過ごす旅~ココロで感じるハワイ〜 2018年ツアースケジュール

一生忘れられない、ハワイの日々がスタート
【1日目】2018年 6月27日(水)/7月 4日(水)/9月 3日(月)/9月 10日(月)

13:30 ヒロのエアポートにて久美子さんがお出迎え。到着後、ヒロのビーチパークへ。

16:00 ヒロのスーパーでお買い物。

17:00 ヒロ郊外の一軒家のゲスト・ハウスにチェックイン。

18:30 夕食:ヒロダウタンのローカルレスランにて。

(ヒロ郊外の一軒家のゲスト・ハウス泊)

写真:ヒロダウンタウンの街並 Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson
20161218tiur03

【長谷川久美子さんからのメッセージ】
こじんまりとした、ローカルな雰囲気漂うヒロの空港でお会いできることを楽しみにしております。

到着後は、まず一般的なイメージのハワイの砂浜とは違った素敵な海側の公園へ。天気がよければ、ぜひ泳いでみてください。タイミングがよければ、アオウミガメ「ホヌ」との出会いがあるかも。

地元のスーパーで買い物をして、ハワイ島での日々がスタートします。
一軒家にみんなで宿泊するので、旅の仲間との交流も深まり、楽しさが倍増すると思います。

 

木々に囲まれながら、見落としていた自然に出会う
【2日目】6月28日(木)/7月5日(木)/9月4日(火)/9月11日(火)

朝は希望者はヨガをするなど、各自でリラックス・タイム。(ヨガマットは各自)

08:00 朝食:ボルケーノ・ハウスにて。

09:30 ハワイ火山国立公園での自然観察へ。固有種が多い森林や溶岩台地など、多種多様な環境の中での植生をご案内。サーストン溶岩トンネル周辺の植物観察。

12:00 昼食:各自購入。

チェーンオブクレーターロード周辺の見学

17:30 夕食:ローカル・レストランにて。キラウエアロッジでゆったりとした夕食を楽しむ。

19:00 ハレマウマウ火口の観察&ジャガーミュージアム見学。

21:00 宿泊施設へ戻る。

(ヒロ郊外の一軒家のゲスト・ハウス泊)

写真:ハワイ火山国立公園
写真:ハレマウマウ火口 Big Island Visitors Bureau (BIVB) / Ethan Tweedie 
20161218tiur05

【長谷川久美子さんからのメッセージ】
早起きしたら、瞑想、ヨガ、コーヒーやティーを飲みながら読書など、しばらく自由に朝の時間を過ごしましょう。お互いに色んなアイデアやインスピレーションを分かち合えるかも。

この日は終日ハワイ火山国立公園。様々な火山地形だけでなく、色んな環境での植生など、様々なアングルからハワイの自然を楽しみます。観光ツアーで行くハワイ火山国立公園では見逃してしまいがちなものにも目を向けることができる、自然観察のツアーです。

天気がよければランチは外で。夕食は素敵な雰囲気のキラウエア・ロッジで。夕食後にはハレマウマウ火口の火映現象を見に行きます。天気がよければ、夜空も楽しめるかも。

 

自然のエネルギーをダイレクトに体感する
【3日目】6月29日(金)/7月4日(金)/9月5日(水)/9月12日(水)

朝は各自にてリラックス・タイム。

08:00 朝食:キッチンを利用して皆さんでの朝食。またはローカル・レストランにて。

10:00 アカカの滝・ネイチャーウオーク。135mの滝のマイナスイオンを感じながら植物観察。

12:00 昼食:ヒロにて。

14:00 アハラヌイの温泉を体験。
※海沿いにあり、ローカルの方がよく利用する、海水&温泉が混じった大きな温泉プールの様な場所。

16:00 溶岩ツアーへ出発。所要時間3〜4時間、往復10kmの距離を歩く。海側に流れ込む、赤い溶岩を観察する。

20:00 出発地点に戻る。

21:00 宿泊施設に戻る。

(ヒロ郊外の一軒家のゲスト・ハウス泊)

写真:アカカの滝 Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson
20161218tiur02
写真:ハワイ島の溶岩の様子
20171217os1

【長谷川久美子さんからのメッセージ】
早起きしたら、瞑想もよし、ヨガもよし、読書もよし。気兼ねなく自分にあった時間の過ごし方をしましょう。

朝食は、広々としたキッチンとダイニングルームで各自お好みのものを。新鮮な地元のフルーツでオリジナルスムージーを作るのもおすすめです。ここでも、旅の仲間同士で、参考になるお話しやレシピを交換できるかも。

午前中には落差135メートルの滝を見に行きましょう。ヒロでランチを食べてから、海側にある火山の熱によって温水が湧き出る汽水プールに立ち寄ります。もちろん泳いでもOK。見学するだけでもOK。

その後は、赤熱の溶岩が海に流れ込む場所を見学に行きます。往復の距離は10キロと長く、見学の時間も合わせて往復3〜4時間程度。

帰り道は日が暮れているので、天気がよければ、夜空を楽しみながら歩けます。歩き終わったら宿泊施設までのドライブです。

 

ハワイの文化を心のままに楽しむ
【4日目】6月30日(土)/7月7日(土)/9月6日(木)/9月13日(木)

朝は各自にてリラックス・タイム。

08:00 キッチンを利用して皆さんでの朝食。またはローカル・レストランにて。

10:00 レインボー滝、カウマナケーブの見学。

12:00 ヒロ・ダウンタウン散策。
※ファーマーズマーケットで買物体験、オーガニックショップ、アートギャラリー。

昼食:ヒロにて。

午後:ココナッアイランドなどの散策、ヒロ大神宮。

17:00 夕食:ヒロのローカルレストランにて

19:00 6/27・7/4発ツアー:プナ本願寺でのボン踊りに参加。(雨天の場合、中止)
9/3・9/10発ツアー:ヒロ周辺のショッピングセンターで買い物。

21:00 宿泊施設へ戻る。21:30到着予定。

(ヒロ郊外の一軒家のゲスト・ハウス泊)

写真:ヒロ・ファーマーズマーケットの様子

写真:レインボー滝 Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson
20161218tiur04

【長谷川久美子さんからのメッセージ】
1日目からすぐに馴染みのある雰囲気になると思いますが、日に日にまるで家族のような仲になっていきます。この日も、朝はマイペースの過ごし方。

1881年のマウナロアの溶岩流にできた溶岩トンネルの中を懐中電灯の明かりで探検してから、1日前とは違う滝を見ます。

その後土曜日のファーマーズマーケットオーガニックショップなど、ダウンタウン・ヒロを自由散策。モク・オラ(命の島)やリリウオカラニ・ガーデンズで散歩もして、天気がよければ外でランチを食べましょう。

ヒロ大神宮に行けば、オヒア・レフアのデザインのお守りを買えるかも(売り切れでなければ)。

 

胸とかばんに思い出を詰め込んで、日本へ
【5日目】7月1日(日)/7月8日(日)/9月7日(金)/9月14日(金)

08:00 キッチンを利用して皆さんでの朝食。

10:00 エアポートへご案内。

写真:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson
20161218tiur01

※ツアーの日程は、主催者側の都合で変更となる場合があります。
※ボン・ダンスは、スケジュールが未定のため、参加出来ない可能性もあります。

 

お申し込み・お問い合わせはこちら