【NO SURF, NO LIFE】夏のベストポイント・アラモアナ。日本人が入るのは無理?
- 2016/07/07

20160707surf3

Aloha!

いよいよ夏本番!日本でも台風によるスウェルを楽しみにしている、サーファーの方も多いのではないでしょうか?台風の波に乗るには、身体と心の準備が必要。生半可な気持ちで挑戦すると死に至る事もありえます。

自分の実力をよく理解して入る・入らないの自分なりの基準をもうけることが大切ですね。

さて、今回はサーフ歴のある中級者以上のサーファーにおすすめの、ワイキキ周辺でアクセスが便利なサーフポイントをご紹介します。

20160707surf2

 

夏のパイプライン-Bowls ボウルズ

ハワイでは夏のシーズンは、アラモアナ周辺のポイントが最も熱くなります。

アラモアナといってもショッピングセンターの事ではありません!

サーファーにとって夏のアラモアナはノースショア並のビッグウエーブがたつことで有名。特にアラモアナボウルズでは雑誌やムービーでもよく紹介されていて、プロやローカルなどの超エキスパートが集まるポイントです。

ビッグウエーブが押し寄せたら無理をせず、プロのセッションを見て楽しみましょう!

20160706surf1

 

日本人にもフレンドリーなポイント -Rockpile ロックパイル

20160707surf4

エキスパートオンリーのポイントかというと、そのような事は無くサイズが小さい波の日であれば、日本人でも十分楽しむことができます。中でも日本人のビジターサーファーにおすすめなのがここロックパイル

波質はボウルズやとなりのカイザースに比べ落ちますが、フレンドリーな雰囲気で女の子、ロングボーダー、日本人も多く比較的安心して入れます。ブレイクはレギュラー、グフィーともにあるのも嬉しいですね。

20160707surf7

 

ローカルと海への配慮を忘れずに

20160707surf6

アラモアナのサーフポイントは、アラワイ・ヨットハーバーの堤防に沿ってパドリングでポイントまで行きます。堤防の左端に小さなビーチパークがあり、シャワーも着いているのでとっても便利です。

駐車場もありますが、休日は満車になることも!ローカルの方たちが日常的に利用している場所でもあるので、マナーを守って利用しましよう。

20160707surf5

もうひとつ注意したいのが海底。水の透明度は半端なく、サーフィン中も海底がよく見えます。ロータイドには膝下になるくらい浅くなり、シャローなリーフが顔を出します。また、いたるところにウニがいるので、うっかり足をついてしまうとウニを踏んでしまい楽しいサーフィンが台無しになる事も。

タイドグラフをしっかり確かめていかないと大事なボードのボトムやフィンが傷つきます。私も初めて入ったときはボードに小さな穴をあけてしまいました(泣)

 

TAMO