【Aloha Interview Vol.70】Kona Bay Hawaiiオーナー/KCキウチさん
- 2016/06/27

20160627KC00

ハワイを代表するファッションアイテムの1つ、アロハシャツ。冠婚葬祭やビジネスシーンで着られていますが、アロハシャツ全盛期といわれる1948~1955年以降、何百社とあったメーカーが途絶えたことも。当時のクオリティーが高いアロハシャツを現代によみがえらせ、今や世界中にファンをもつKCキウチさんに、コナ・ベイ・ハワイならではのこだわりをうかがいました。


Aloha Interview

HLC アロハシャツに魅せられたきっかけは?

――高校3年生の時に見た「ビッグ・ウェンズデー」(1978年)という、カリフォルニアを舞台としたサーフィン映画がきっかけです。映画の中で俳優のウィリアム・カットとジャン=マイケル・ヴィンセントがアロハシャツをかっこよく着こなしていて、映画を見終えた後、あわててアロハシャツを買いに行った記憶があります。当時アロハシャツをこんなに格好いいと思わなかったら、今の家業はやっていないでしょうね。

 

HLC ハワイで起業した経緯は?

――26歳の時、まずはアメリカ本土へ渡りその後、ハワイに移りコナ・ベイ・ハワイを起業しました。それまでは飲食関係の仕事に就き、安定した収入を得ていたのですが、このまま東京でサラリーマンとして人生を終えてよいのかという疑問がありました。会社の待遇もよく辞める理由はなかったのですが、それよりも好きな場所で好きな仕事をしたいという思いの方が強かったのです。

 

Aloha Interview Aloha Interview

 

HLC KCキウチさんのアロハシャツ作りへのこだわりを教えてください。

――生地や縫製、シルエット、ボタンなど全てにこだわりがあります。まず生地は、日本に発注しています。プリント技術においては日本に勝るところはありません。60年前も、日本で生地を染めて、ハワイへ舟で持ってきて、ハワイで縫製してという流れでアロハシャツを作っていた歴史があります。これが本来のメイドインハワイです。

日本では、浴衣や着物の染付けで使われてきた抜染という技術で染色をしています。地染めをして、生地の色を脱色してから色を注入するため、仕上がった生地はよく見ないとどちらが裏か表か分からないほど。現在市場に出回っているアロハシャツの多くは、布の上に柄をプリントしたオーバープリントが主ですので、比べると発色の違いがよく分かります。また、生地は基本的にレーヨンを使用しています。肌触りがよく、軽いので気分も軽くなります。

 

HLC 縫製やボタンについてはいかがですか?

――多くのアロハシャツの縫い合わせは一重である中、当時と同じ二重で縫製をしています。縫い合わせの部分がしっかりするだけでなく、シルエットにメリハリが生まれます。この技術は、1950年代に、メーカーと共に途絶えてしまった本物のアロハシャツの製法です。ボタンも60年前と同様に、貝殻で作られるオイスターシェルボタンを使用しているので、よく使われているプラスチックのボタンと比べると、質が全く異なります。

 

Aloha Interview Aloha Interview

 

HLC 当時の製法をどのように現代によみがえらせたのですか?

――何もないところからのスタートだったので、手探りでしたね。ビンテージのアロハシャツを持って店や工場を回り、1つひとつ技術を拾い集めていきました。

 

HLC 先日、テレビでも放映されました。

――関西で放映されている「グッと地球便」というテレビ番組で紹介されてから、アロハシャツに興味がなかった人もたくさん足を運んでくれるようになりました。少し前に、中学生の男の子が、アロハシャツが欲しいとお小遣いを貯めて買いに来てくれた時は、本当にうれしかったですね。

 

Aloha Interview Aloha Interview

 

HLC 今後やってきたいことは?

――60年前のヴィンテージアロハシャツを作り続けていきたいと思っています。ただ単純に復刻するのではなく、デザインはそのままに、色をコナ・ベイ・ハワイのオリジナルにするなど、少し進化させていきたい。自分の役割は、よいアロハシャツを後世に残していくことだと思っています。

 

HLC ありがとうございました。

 

コナ・ベイ・ハワイのプリント柄を使用したハワイ手帳2017プレミアム版を限定販売。ハワイ手帳のマンスリーページでもKC KIUCHIさんイチオシのプリント柄を紹介しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハワイ手帳プレミアム2017の購入はこちら

※7月1日(金)より、先行予約販売を開始いたします

 

【Profile】
KCキウチ 東京荻窪生まれ。26歳の時に単身渡米。LA,サンフランシスコ、ラスベガス、ハワイ島コナを経て、2004年よりホノルル在住。2001年にハワイ島コナでコナベイハワイを設立。2012年11月直営店をワイキキにオープン。現在はアロハシャツという文化の継承をテーマに活動している。

【Shop Information】
住所 444 Ena Road. HONOLULU HAWAII 96815
営業時間 10:00 – 18:00
TEL 1-808-223-3390
ウェブサイト http://www.konabayhawaii.com/store/

【編集後記】
日本での安定した生活を全て捨て、好きな場所で好きな事を実現するKCさんの行動力に感動しました。アロハシャツの起源は、日本人移住者たちが日本から持参した着物を仕立て直したシャツと言われています。そんな日本と関わりの深いアロハシャツを、日本人であるKCさんが昔ながらの製法で復刻させるのには何かの運命を感じます。アロハシャツに対する並ならぬこだわりと情熱は商品を通して伝わってきます。

 

TAMO