【Aloha Interview Vol.25】ベジタリアン料理家/ヨシハラ アンナさん
- 2012/09/18

20120918int_25anna_top

東京・広尾にあるハワイアンマクロバイオテックをコンセプトとしたデリ「アイランドベジー」。ショーケースに並ぶ、目にも鮮やかな料理を考案しているのがヨシハラさんです。マクロビの知恵をベースに、自身が培ってきたハワイや日本の伝統の食文化を取り入れ、自由で楽しい料理を表現しています。なぜ今、マクロビなのか。ハワイアンなのか。ヨシハラさんが料理を通じて見ている世界に触れました。


20120918int_25_anna_midasitop

HLC ご自身はベジタリアンと伺っています。ベジタリアンなライフスタイルに転向したきっかけを教えてください。

20年ほど前に、縁があってある僧侶のお宅で、玄米のごはんと味噌汁、いわゆる一汁三菜の食事をいただきました。動物性の物を一切使っていない食事は、舌が喜ぶというよりは、体の全細胞が喜ぶおいしさ。すごく感動したのです。その経験がベジタリアンになったきっかけです。
それ以前は、卵とか肉、魚などの動物性の食材は普通に使っていました。ベジタリアンになるとそういう食材が一切食卓に並ばなくなるわけです。でも、料理のレパートリーは減るどころか、逆にぐーんと増えちゃって。野菜や穀物、海藻、豆、ナッツ、果物と、植物性の食材の種類はものすごく多くて、大自然の豊かさには驚きます。小さい頃から料理をするのは好きでしたが、ベジタリアンになって、さらに楽しくなっちゃいました。

 

HLC ベジタリアンになって、さらに世界が広がったのですね。

自分の体と外の環境のつながりにも関心を持つようになりました。地球環境のバランスが崩れている。その一因として、人間の動物性食物の摂り過ぎという問題も見えてきました。
ただ、日本で表現しているベジタリアンやマクロバイオテックという世界には疑問を持っていたんです。料理の見た目はどれも茶色っぽくて、楽しくない。海外のベジタリアン料理って、もっとポップで楽しいのに、「なんで?」って。また、ベジタリアンとかマクロビの料理というと、“物足りない”とか“ストイック”とか、日本ではそういうイメージが付いている。こんなに体においしくて、満足するのに「なんで?」。もう疑問ばかりでした。
人って食べ物で出来ていますよね。細胞も心も、すべて食べ物とつながっている。私たちの生命は、空気や水、食べ物で出来上がっているのです。空気や水は住む環境によるものだからなかなか選べない。でも食べ物は比較的選べるものです。洋服を選んだり、聴く音楽を選んだりするように、食べ物のクオリティを選ぶことって大切だと思います。

 

HLC なるほど。ところで、ハワイに移住された背景はどのような…?

その頃のパートナーがハワイ好きで、自分たちの好きな場所で暮らそうと。私は旅がとても好きで、バリ島はよく行っていましたが、住みたいと思ったことはなかったんです。いつでも「また来たい」ところ。でも、ハワイは違いました。20代の頃、友達と初めてハワイ旅行に行った時でしたが、不思議と「ここに住みたい」って感覚を持ったんです。

当時はその理由がわからなかったのですが、移住してからわかりました。ハワイの風、空気ですね。ワイキキのビルの間にいても、カウアイのシダの中にいても、ビッグアイランドの溶岩の上に居ても、心地よい風が吹いている。私は、これが好きなんだなーって。ハワイの懐の深さも好きです。

 

20120918int_25_anna3

HLC ハワイの食材でベジタリアンを実践することに不安はありましたか?

ハワイ島は日系の方が多いので、食材が豊かで面白い。ファーマーズマーケットに出店しているのは、アジアの方や日系の方が多くて、ゴボウやシソ、ノビルがあったりします。ローカルのスーパーにも日本食材は豊富に揃っています。
そしてもう一方では、オーガニックやパーマカルチャーへの意識が高い白人たちも農業をしているから、オーガニック食材も豊富です。とても面白いバランスでファーマーズマーケットが成り立っていました。食に関する情報も豊かで、とても刺激的でしたね。

 

HLC ローカル・ハワイアンの食文化にも触れましたか?

そこには少し悲しい現実がありました。ローカル・ハワイアンがスーパーで買っている物を見ると、ジャンクフードばかり。低収入という問題もあって、安くて量も多い本土からの食べ物を選択しがちです。ファストフード店では全てがビッグサイズ。そういった食生活が健康状態を壊し、今、糖尿病や心臓病にかかるハワイアンがものすごく多いのです。全部食べ物からつながっています。
ローカル・ハワイアンの中にも、自分たちの伝統の食文化を見直そうという動きも出ています。タロ、ウル、ママキ、ノニといったハワイの伝統食材を取り戻そうと植樹を行ったり、そういった食材を使用したスキンケア商品などを作ったりしているようです。

 

HLC ヨシハラさんが感じたハワイの食文化の魅力とは?

ハワイの食の魅力は、あの大自然にあります。太陽をたっぷり浴び、鈴なりになったフルーツを生でいただき、そのエネルギーをいただく。これは料理の域じゃないですね。自然をダイレクトに体に取り入れることができるのが、ハワイの食べ物の醍醐味です。 私はハワイに行くと、そういうハワイならではの食べ物ばかりをいただいています。ウルにタロ、大好き。ハワイ本来の豊かさを十分に楽しんでいるので、日本に戻ってくると、それが恋しくなります。

 

HLC そういったハワイならではの食文化は、日本にうまく伝わってきてないように思います。

ロコモコとか、スパムむすびとか、日本に来ているハワイアンフードは本来のローカルフードじゃありません。もっとハワイの伝統的な食材や調理法が広がっていけばいいのにと思います。ハワイの伝統的な料理は、焼く・蒸す・生食という調理法によるものです。あとは、ママキやノニのお茶とか、日本にほとんど流通していないのであまり知られていませんが、伝統の食はヘルシーなんですよ。

ハワイの食材を日本に持ってきて広めるというのはなかなか難しいことですが、タロの代わりに親芋などを使ってポイを作るなど、日本にある近い食材を使ったり、アレンジしたりして表現することを楽しんでいます。

 

HLC 「アイランドベジー」の料理を監修するにあたり、こだわっている点は?

ハワイアンは意識してますが、真冬にパイナップルを使ったりはしません。マクロビの考え方に基づいて、季節にあった素材、調理法や調味料で陰陽のバランスを整えています。使っている調味料は、日本の伝統的な調味料の醤油、味噌、梅酢がベース。ちょっとしたひと手間をかけ、目に楽しく、ポップな料理を表現しています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

HLC “ハワイ”と“マクロビ”の組み合わせが、新しいですね。

“マクロバイオテック”という言葉を使うと、ちょっと敷居が高い感じとか、スクエアなイメージをもたれがちです。それを、誰もが好きな“ハワイ”というフィルターを通じてカジュアルに落としたいのです。そして、“ハワイ”のように多くの人に愛されるようなマクロビの店になってほしい。インド料理やイタリアン、ラーメンと日本には様々な食の選択があります。その選択の1つとして、マクロバイオテックとかベジタリアンも並べたいんですよね。

マクロビの思想って本当に素晴らしいものです。何か心身に問題があった時、食べ物でバランスをとることで問題を解決できる。これは知識じゃなくて“知恵”です。これを知っているのと知らないのとでは、雲泥の差があると思います。

そのためにも、マクロビやベジタリアンをもっとカジュアルなものにし、多くの人の選択肢になれるように広めていきたいと思っています。

 

HLC ありがとうございました。

 

【Profile】
ヨシハラ・アンナ 看護学校を卒業、病院勤務をした後、アジア方面への旅を中心とした生活を送る。僧侶との出会いをきっかけに、ベジタリアンなライフスタイルに転向。その後ベジタリズム・マクロバイオティック・伝統食への関心を深め、食養家大森一慧先生に師事。2002年ハワイ島に拠点を移し、80%RAW/LIVING FOODの食生活を送る。2008年福岡にて日本初ベジバーガー専門「MANA BURGERS」をオープン。2011年「アインランドベジー」のプロデュースを手がける。

【取材後記】
ベジタリアンやマクロビというと、制限食のようなイメージを持っていた。だからどこかストイックな雰囲気の方かと思って取材に臨んだが、そのイメージはまったくくつがえされた。ハワイのように懐が深く、ピュアに熱い思いを語ってくれる方だった。日本で食べるマクロビ料理の多くは、なんたって「楽しくない!」。本来は、もっと広がりや繋がりを感じることができるものなのだ。その思いは確かに、デリに並ぶ料理に表現されている。1食でも、一人でも多くチェンジしてくれたら…。だから広げたい、と。きっと、人のために、地球のために、これからも楽しくてやさしい料理を生み出してくれることだろう。