【Aloha Interview Vol.14】レイランド主宰/デビット・スミスさん
- 2012/01/15

20121112int27_kizitop

今年で13年目になる日本のウクレレピクニックを立ち上げ、他にも様々なイベントを企画・運営するデビットさん。今年は2134名でのウクレレ同時演奏で、ギネス世界記録を達成しました。ご自身は幼少期を日本で、多感な時期をハワイで過ごし、日本に戻ってからは芸能活動やモータースポーツの世界で活躍したという経歴を持ちます。日本とハワイ双方を股にかけるデビットさんに、ハワイの魅力や日本でハワイアンイベントを開催するに至るまでの経緯などをお聞きしました。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

HLC 日本でハワイアンイベントを開催しようとしたきっかけは何ですか?

仕事を辞めてハワイに渡った時に、カルチャーショックを受けたのです。ハワイに根付いているカヌーやウクレレなどの文化、家族や地域社会のあり方など、以前ハワイに住んでいた時は当たり前のように感じていたハワイのよさを再認識し、それらを日本に伝えたいと思いました。

 

HLC なぜウクレレに注目したのでしょう?

ハワイの高校では、昼休みにウクレレを弾くという行為は日常的な光景でした。日本に帰ってきたとき、ウクレレがフラのバックミュージックのための楽器としてしか存在していない現状に違和感を感じたのです。その現実をいい意味で壊したい。ウクレレはもっと身近に楽しめる楽器です。ハワイをディズニーランド、ウクレレをミッキーマウスに例えて、ウクレレ(ミッキーマウス)というキャラクターを活用してハワイ(ワンダーランド)を知ってもらおうという目的でウクレレピクニックをスタートしました。

 

HLC ハワイを知ってもらいたいと。

始めはアウトリガーカヌーを鎌倉に持ち込み、鎌倉アウトリガークラブを設立しました。ハワイの生活にカヌーは欠かせないもので、カヌーに乗って漁をし、その収穫の喜びを、ウクレレを弾いたり踊ったりすることで表現していたという文化があるからです。カヌーを通してそういったハワイの文化を知ってもらおうと考えたのですが、あまりうまくはいきませんでした。現在でこそ各地にカヌークラブが増えてきていますが、当時は一部のマニア向けだったからでしょう。そんな中、クラブイベント活動のプログラムの一環でウクレレを使用していたのですが、ウクレレが奏でる音楽があることでワークショップなどが楽しくなり、子どもたちやその祖父母も集まってくるようになったのです。それもあって、ウクレレを使って何かイベントを仕掛けようと考えました。

 

HLC ウクレレピクニックがここまで愛されるようになった要因は何だと思いますか?

ウクレレピクニックは、プロではなくアマチュアの人が主役の、参加型のイベントです。ウクレレ好きな仲間たちが集まり、何人かのグループでステージに立つという目標を共有する。仲間が集まればハワイの話で盛り上がり、ハワイ料理を食べにハワイアンレストランへ行く。ウクレレピクニックは、ステージに立つまでのそういったプロセスが大切なのです。13年間も継続しているのは、このイベントでやりたい目的をきちんと持っているからだと思います。

 

HLC 今年はギネス世界記録™も達成しましたね。

ギネスに挑戦したのは、記録を達成することが目的ではなく、皆で一体感を持つことが目的でした。目的を共有している各グループが、今度はグループ同士の目的を共有する。その結果、今回の結果につながったのでしょう。これまでハワイでもアメリカでも同じことを仕掛けてきたのですが、日本で世界記録を達成できたということは、日本は世界で一番ウクレレが認知されている国になったという証明だと思います。

※ギネス世界記録はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。
20121112int27_ukpk

HLC 日本におけるハワイ文化が変わってきそうですね。

ハワイも日本もそれぞれにいいところがあります。ハワイを立てるのではなく、日本の文化の中にハワイの要素を入れた日本ならではのハワイ文化ができてきていると感じます。その証拠に、昨今のウクレレピクニックの出演者はオリジナル曲を演奏しています。また、もうひとつ手がけているフラのイベント「ラブハワイコレクション」でも、日本の曲に振り付けをしたフラなどを踊られる方も多くいます。

 

HLC 今後の夢は何ですか?

これまで築き上げてきたことの総決算が、11月23日に開催する初の試み、「アイランドライフスタイルショー」です。ウクレレやフラだけでなく、アーティストや写真家、クラフト作家など、ハワイをいろいろな目線で見ている人たちを一堂に会し、コミュニケーションと買い物ができる場とする。ハワイだけでない島の生き方や文化、ビーチライフスタイルなど、もっと大きな視点でその素晴らしさを生活者に伝え、皆で共有できるようになればいいと考えています。様々な分野の人が1つのフィールドを作り上げていく。まずはこれを広めていきたいです。

 

HLC その夢がかなったらどうするのでしょう?

私は元来怠け者なので、引退しようかな(笑)。今アジアがウクレレピクニックに注目しています。今年も多くの方にご来場いただきました。アジアへ進出していくというのもいいですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

HLC ありがとうございました。

 

【Profile】
幼少時代を日本で過ごす。ハワイのカイムキハイスクールを卒業後ニューヨークに渡り、日本での芸能活動、モータースポーツ専門マネージメント会社経営を経て、レイランドを設立。代表イベント「ウクレレピクニック」は、日本最大のハワイアン野外フェスとして13年間継続。今年は2134名でのウクレレ同時演奏でギネス世界記録を達成している。

【Information】
20121112int27_show211月23日(祝)に横浜大さん橋でレイランド主催のアイランドライフスタイルショーが開催されます。アイランドライフスタイルに特化した国内外のショップやアートが一堂に集まる、日本初のアイランドコレクションマーケット。普段なかなか手に入らない掘り出し物やアーティスト作品に出会えるチャンスです。フードコートやワークショップなども充実。さらにはリアルハワイが当たる大抽選会も!

アイランドライフスタイルショーHP:http://hawaii.jp/event_ilss.html


【取材後記】
今では様々なメディアでお見かけすることの多いデビットさん。その親しみのある表情から底抜けに明るくアメリカンジョークなどが飛んでくるのかと想像をしていたら……とても真面目に、そして1つひとつ丁寧に私たちの質問に答えてくれた。本当にハワイと日本が好きで、ご自身の伝えたいハワイの文化というものをしっかり持ち、また、それをどうやって日本に伝えるかきちんとしたビジョンをお持ちのことに、深い感銘を受けた。そんなデビットさんだからこそ、ウクレレピクニックがここまで広く愛されるようになったのだと思う。今回のアイランドスタイルショーが軌道に乗ったら隠退しようかと語っていたが、これからも何を仕掛けるのか目が話せない。