【ハワイの花のある暮らし】ハワイのプルメリアの種類
- 2019/08/20

aloha! ラニハワイの代表のYOJIです!

ハワイからプルメリアやハワイの植物を輸入販売しております。

もっと身近にプルメリアやハワイの花を感じてもらいたいと思い、連載を始させて頂くことになりました。お付き合いよろしくお願いします!

5回目のお話はハワイのプルメリア品種を紹介します。

 

1860年にプルメリアがハワイに輸入され、人気の花木に

Dr. ウイリアム ヒルブランド氏によって紹介されたプルメリアは、育てやすく香りも良いのでレイの花や庭木としてハワイ全域で人気になりました。その後、愛好家により交配も進められ、沢山の品種が紹介されました。

 

プルメリアの色、いろいろ

一番人気があるのは、白のプルメリアです。

レイに使う、サモアアンフラッフは甘い香りを楽しめます。
タヒチアンホワイトの名前でも愛されている人気品種です。

 

前回も紹介した、シンガポールは、香りもよく人気があります。
見る機会も多いのでハワイを連想しやすいですね。

 

シンガポールに近い品種で矮性種のドワーフシンガポールピンク。
甘い香りでコンパクトに成長するので、ホテルの中庭や鉢植えで見ることが多いです。

 

次は、レイでも定番のイエロー系です。

レイフラワーの定番のセラダイン、別称コモンイエロー、ハワイアンイエローなどで呼ばれてます。
甘い柑橘系の香りが楽しめて、育てやすく花もちのよい人気品種です。

 

甘いピーチの香りが楽しめるポールウエイシック。
丈夫で育てやすく、花も沢山つけてくれる人気の品種です。

レインボー、ピンク、レッドも人気の花いろです。

 

ピンク、イエロー、ホワイトと綺麗なグラデーションと甘く上品な香りが楽しめるレイレインボー。
肉厚な花で傷みにくく、長持ちする花はレイの花材でも人気品種です。

 

1970年にUH(ハワイ大学)が紹介したドナルドアンガスは、赤からピンクに開花とともに変わっていきます。
レッド~ピンク系で人気のある定番品種です。

 

甘い香りとピンクの美しいグラデーションを楽しめるカネオヘサンバースト。
コシのある花びらは、レイにも人気の品種です。

 

深い赤色のスコットプラットは、コハラとも呼ばれます。
甘いスパイシーな香りは、摘んだ後にさらに強く香ります。
葉の色も深い赤みを帯びていてユニークです。

 

花の根元が提灯の様に垂れ下がる容姿から、
ジャパニーズランタン(日本のちょうちん)という名前になったそうです。
フラワーバスケットの別名もあります。

代表的なハワイのプルメリア品種の一部を紹介しました。
ぜひ、ハワイのプルメリアを探索して見てくださいね!

次回は、ハワイ島の花オヒアレフアを紹介します!
ALOHA and a hui hou !!!

 

黒川洋司
高校からマウイ島に移住し、マウイ大学を経てダイビング、サーフィンの現地サービスを主宰。帰国後、マリンスポーツやハワイ旅行関係の出版社でカメラマンとして勤務。現在は、広告や雑誌、WEBでの撮影の仕事と奥様の佐知子さんとLani Hawaii [ラニハワイ]とClub Marine[クラブマリン]を運営。

Lani Hawaii [ラニハワイ] http://lanicafe.com/
Club Marine[クラブマリン] http://www.clubmarine.co.jp/

【参考資料】
プルメリアブック (Coming soon!)
Plumeria in Hawai‘i