【ChiyoTia’s Hi Feelin’】ChiyoTiaの新作はHipでHopでハワイアン?
- 2019/08/10

Aloha! ChiyoTia(チヨティア)です。

東京生まれ、ハワイ育ちのシンガーソングライターで、現在は日本で活動しています。

今年の夏はチヨティアにとってチャレンジの連続。8月29日に初の単独ホールコンサートを渋谷の伝承ホールで行います。その日に発売となるCDに入る曲のレコーディングで、連日スタジオワークしています。

私の世代では伝統的なフラミュージックを聴いて育つ人はむしろ少なくて、普通にTLCやジャネットジャクソンなんかを聴いていました。とはいえ、ラジオやBGMでハワイアンソングもよく耳にしていたので、その両方がチヨティアの音楽的なルーツかも。

そんなわけで今回はHip Hop系のエンジニアDoc-Deeと一緒にHipでオーガニックな新しいサウンドを模索しています。

 

チヨティア初のホールで初のオリジナル衣裳

伝承ホールは能や歌舞伎など、伝統的な演目も上演される場所。チヨティアも衣装作家のすみれさんとコラボしてどこの民族ともいえない大胆な衣裳を作りました。

頭の羽根飾りはハワイアンやネイティブアメリカンの要素も取り入れたオリジナル。

踊りもチヨティアの大事な表現手段なので、フラのように優雅で力強く踊れるように、手足も動かしやすいようにと、工夫を重ねたお気に入りの衣裳です。

 

ハワイと日本の大地を愛する

私は日本で生まれてハワイという自然に恵まれた土地で育ちました。

もちろんワイキキの都市部も大好きですが、懐かしく想うのはボディーボードをやりに毎日通った海だったり、小さい頃住んでいたマノアの山の濃密な空気だったり。

そんな私を育ててくれた大地にお礼と愛の気持ちを基に前作「Aloha ‘aina」を書きました。

そして今回は「いろいろあっても負けないで前向きに生きていこう」という気持ちを込めて「Carry on」という曲を作りました。

イラストレーターや映像作家とコラボして、チヨティアの世界観をこれからも皆さんにお伝えしていきます。こちらも近日公開なのでお楽しみに!

 

現実では制約があっても心は自由

“心はいつも羽根のように軽く”との想いで、羽根をモチーフにしたオリジナルTシャツも製作中。

こちらはグラフィックデザイナーの龍くんとのコラボレーションです。なんと、偶然にも私が通っていたハワイの学校の後輩!

チヨティアはアパレルも大好きなので、Tシャツはマシュマロファブリックにプリント予定。こだわりのグッズも8月29日に販売します。

 

オンリーワンのアイテムが手に入るGOLD-RUSH

そのグラフィックデザイナーの龍くんが手がけるのが、メンズアイテムを扱うアパレルショップのGOLD-RUSH。今年の5月に、中野にあるカフェパイプライン別邸(3回目のコラムで登場)の4Fにオープンしました。

店内にはロサンゼルスやハワイから買いつけてきた1点もののアイテムがずらり。女性ファッション誌NYLON JAPANが初めて取り組むオリジナル映画のメンズ衣装リースも手がけるなど、業界では早速注目を浴びているんですよ。

ビンテージから新商品まで、女の子でもかっこよく着こなせるアイテムもあるので、ぜひ遊びに来てみて!

GOLD-RUSH
東京都中野区新井1-11-9-4F
https://www.gold-rush.tokyo/
@goldrush_tokyo

 

Mahalo!

 

ChiyoTia
東京生まれハワイ育ち。アーティスト名「ChiyoTia」は、彼女の日本名とハワイアンネームからつけたもの。幼少時代に母方の実家のハワイに渡り、幼い頃から父の親しんできたジャズやハワイアンミュージックをはじめ、ジャンルを問わず幅広い音楽に触れて育つ。帰国後シンガーソングライターとして活動を開始。これまでに3枚のアルバムを発表。昨年CD付きマガジンをリリースし、今春全国ツアーを開催。8月には初の単独ホールコンサートを行う。ナチュラルでありながらもソウルが同居するしなやかなその歌声は、『日本とハワイ』異なる2つのルーツが育んだ、『何者にも属さないインディペンデントな感性』によって独自の世界を築きあげている。

チヨティア・オフィシャルサイト https://chiyotia.com/