【Aloha Interview Vol.105】nico madeデザイナー/ニコール・フェララさん
- 2019/04/25

「ピンチはチャンス」の言葉を実現させた1人がニコール・フェララさんではないでしょうか。勤めていた会社の倒産をきっかけに趣味で作り始めたグリーティングカードがヒットし、今ではホテルの壁紙やカハラモールのトートバッグデザインを手がけるまでに。双子の男児と昨年末産まれたばかりの乳児を育てながら働くママに、そのバイタリティーについてうかがいました。


HLC ハッピーな気分になれるニコールさんのデザイン。どこからインスピレーションを受けているのですか?

—— 何を描くかという題材については、ハワイの自然からインスピレーションを受けています。自分がハワイに住んでいるので、他の地域に住んでいる人たちにハワイの自然から得られる幸せを伝えたい。私が見て感じたものをアートにして、世界中の人たちにハピネスを感じてもらいたいという気持ちが根底にあります。

 

HLC カラフルな色使いに関してはいかがですか?

—— 実は江戸時代の浮世絵に影響を受けているんです。プリントのスタイルやパキッとした色使い、線など、昔のプリントメイキングにはとても興味があります。

 

HLC メイン商品であるグリーティングカードに着目した理由は?

—— 元々グラフィックデザインの仕事をしていたので、紙の種類は知っていたし、プリントの方法などのノウハウもありました。バックグラウンドがあったから入りやすかったのです。また簡単に作れるので、どんどん作って皆に見てもらい、反応も得やすいというメリットもありました。テキスタイルデザインにも興味はありましたが、洋服を作っていくプロセスはとても長く、未知のフィールドだったので。



nico made
カラフルでキュートにハワイを表現するメイドインハワイのステーショナリー&デザインブランド、nico made(ニコメイド)。オーナーデザイナーのニコール・フェララが手掛けるアートはポップでどこか温かみのあるデザイン。ハワイで人気のギフトショップ、サンドピープルやオーエン・アンド・コー、カイルアやハレイワに構える感度の高いセレクトショップ、グアバショップ、オーガニック&ナチュラル系スーパーマーケットのダウン・トゥー・アースなどで扱われている。

 

商品はこちら>>

 


 

HLC 子育てをしながらのお仕事は大変では?

—— 私にとって一番大切なのは家族です。お金持ちになりたいと思っているわけではなく、仕事は自分を奮い立たせてくれたり、やりがいを感じさせてくれたり、人生が成功していると感じさせてくれるもの。今は3人目の子どもが生まれたばかりなので特に両立は難しいのですが、1日30分だけでも子どもが寝ている間にクリエイトする時間を持てることに充実感を感じています。ビジネスの成功ではなくて人生の成功。私なりにバランスよくやっています。

 

HLC 生まれも育ちもハワイですが、これまでハワイを離れたことは?

—— ハワイで生まれ育ち、大学はアメリカ本土のコロラドに行きました。しばらくアリゾナに主人と住んで仕事をしていましたが、やっぱりハワイは気候もいいし、色々な食べ物があるし、一年中ビーチに行けるということで11年前に戻ってきました。夫婦でアウトドア好きなので、自分が生まれ育った土地で自分と同じような環境を子ども達にも与えたいと思っています。

 

HLC 今後、挑戦してみたいことなどはありますか?

—— 今はステーショナリーやグリーティングカードをメインに作っていますが、次のステップとしてはギフトアイテムに挑戦したいですね。例えばバッグやキーチェーン、ポーチなどに自分のデザインを落とし込むなど。それから、どこかの会社とコラボレーションして、自分が楽しいと思えるようなプロジェクトや、誰かのためになるようなことをやっていきたいと思っています。

 

他の会社とプロジェクトを行うと、自分では想像もつかないところに自分のデザインが落とし込まれ、夢が膨らみます。ここ3年、カハラモールのトートバッグも手がけていて、とてもよいパートナーです。

 

HLC ありがとうございました。

 

【Profile】
ニコール・フェララ。ハワイに生まれ育つ。2013年に勤め先の会社が倒産したことをきっかけにフリーランスに。同時に製作をはじめたグリーティングカードがセレクトショップのバイヤーの目に止まり、ニコメイドというブランドへ。ホテルの壁画やカハラモールのトートバッグデザインなども手がける。3人の男の子を持つ母親。
https://nicomade.com/

【編集後記】
閑静な住宅街にあるニコールのご自宅には、インテリアに浮世絵やヴィンテージカメラなどが置いてありセンスの良さが伺えました。取材の途中には、旦那様と一緒にご子息が学校から元気いっぱいに帰ってきて取材陣もついつい笑みが溢れリラックスムードに。仕事と家庭を両立させながら自分のペースでクリエイトを続けるニコールは、これからの女性のロールモデルですね。