自然満喫・鎌倉ネイチャーウォークレポート 後編
- 2014/12/04

11月8日(土)に実施した
「鎌倉ネイチャーウォーク」のレポート。
今回は後編をお届けいたします。

前編はこちら→「鎌倉ネイチャーウォーク」レポート前編

森に入るとまた違った植物たちが迎えてくれます。
『キツネノマゴ』、『カントウヨメナ』と『イヌダテ』、
お味噌汁の具にもなるという『ノビル』・・・。
海から遠ざかったことで、徐々に潮に弱い植物たちも登場し出します。

20150728OS41
20150728OS42
20150728OS43

そしてモンシロチョウまで。

20150728OS44

清右衛門さんは素手で華麗に捕まえ、(すごい!)
空に返していました。

中でも興味深かった植物が『ツリガネニンジン』。

20150728OS45

中に花粉があるのですが、
子孫を残すために虫に来て欲しい気持ちがある一方、
その狭い入り口で、来てもらう昆虫を選んでいるのだそう。(なんと!)

「昆虫も昆虫で、だれでも蜜をもらえる花はとまりやすい一方、
競争率もあがってしまうので、自分に適した種類を選ぶんです」
と清右衛門さん。

人間もそうですが、花の形も理由があってこその完成された姿なんだと思うと、
なんだか頭が下がる思いです。

しかし、中にはズルをして、
入り口から入らずに、花びらに横から穴を開けて蜜を取っていく昆虫もいるそう。
するとすかさず長谷川久美子さんが「ハワイにもそんな鳥はいるよ~!」とおっしゃっていました。
昆虫界も人間界と似た部分があるようです。笑

その他にも、
そのまま食べられる『カキドオシ』や、裏面がかわいい『リョウメンシダ』、
『ノシラン』など盛りだくさん。

20150728OS46
20150728OS47

『ミツバアケビ』も採ってくださいました。
さすがネイチャーガイドさん!

20150728OS4820150728OS49

こんな風に自然の中に長くいると、
五感がどんどん澄んでいくのを感じました。
葉が揺れてざわめく音や、色づく葉っぱ、足を踏み入れると香る『ヨモギ』。
五感を久々にフル活用です!

皆さんが驚いていたのは、柑橘系の香りがするスジグロシロチョウ。
雄に特有のにおいで、雌を引き付けているよう。

20150728OS50

こちらはレモンとは異なる、
もっと濃密な甘さを感じるような『ビワ』。

20150728OS51

自然の中でこんなにラグジュアリーな香りを嗅げるとは驚き!

森を通り抜けていると、またもや『ススキ』らしきものが!
ようやくタネ明かしのときのようです。

20150728OS52

今度は白いような・・・!
前半とは異なる色になっています。

「これは『ススキ』と似ていますが、『オギ』という別の植物です」
と清右衛門さん。

この『オギ』は湿地を好むため、森深くの湿ったこの地に生きているそう。
どうやら生え方も異なるらしく、
『ススキ』は束で生え、『オギ』はそれぞれ独立して生えるんだとか。

こういった見た目のものを、すべて『ススキ』と思っていた私はびっくり。
「これはススキだね」「ちがう、オギじゃないの?」といって
当てあうのも風流で楽しそうです。

紹介しきれず心苦しいですが、その他にもたっぷりとレクチャーを受け、
お昼にアンナさん特製の美味しいお味噌汁をいただき無事終了!

今回のネイチャーウォークでは
海があり、山がある表情豊かな鎌倉だからこそ、
場所によって生きる植物が変わるのを、実感することができました。

見慣れた日常の景色もゆったりと見てみれば、
うれしい植物との出会いが待っているかもしれません。

20150728OS53
エディター SAORIN 趣味:ウクレレ

エディター SAORIN
趣味:ウクレレ