暮らすように過ごす旅 2018年ツアーレポート その5
- 2019/03/12

Aloha. HLCスタッフのMACHAです。

毎年恒例のハワイ島現地4泊のツアー「暮らすように過ごす旅」。ハワイを代表するネイチャーガイド長谷川久美子さんと共に5日間を過ごす、女性限定のハワイ島ツアーです。

2019年の募集要項はこちら>>

今回は2018年9月に開催したツアーの3日目(9月5日)後半をレポート。

 

13:30 ケアウカハ・ビーチ・パークでホヌとご対面

食休みに、ハワイアンの聖地でもあるケアウカハ・ビーチ・パークへ。観光客というよりは、地元に住むロコ達がふらっと遊びに来ているような、まったりとした雰囲気が漂っていました。

砂浜というよりは、溶岩で覆われた磯というイメージ。

芝生のエリアもあり、ここで海を眺めながらゆっくりと1日を過ごしたいと思わせてくれるような場所。

ウミガメもゆったりとした時間を楽しんでいるかのようでした。

 

14:00 ファーマーズマーケットでトロピカルフルーツに舌鼓

毎日開催しているヒロのファーマーズマーケット。特に賑わう水曜日と土曜日に行くのがオススメということで、水曜日のこの日に行こうと、久美子さんがスケジューリングしてくれました。地元で採れた新鮮な野菜やフルーツ、手作りのスイーツなど、目移りしてしまいます。

少し自由時間をもらえたので、気になっていた津波博物館へ。

1946年アリューシャン列島で起こった地震による津波で、ヒロでは160人もの命が失われたそうです。館内にはこれまでの津波の歴史やその分析、写真や映像なども展示されていました。このような悲しい出来事が繰り返されないよう、こういった施設を通しての教育が大切なのですね。

 

15:30 もう1体のカメハメハ大王像へ

ハワイ島に2体建つカメハメハ大王像。そのうちの1体がヒロにあります。1997年に建てられたというからまだ新しいですね。

 

16:00 ベイシカリー・ブックス

「ハワイの絵本が欲しい!」とのリクエストで、ブックストアへ。魅力的な絵の本ばかりで、英語が苦手でも、ページをめくっているだけで楽しめました。ハワイの植物や鳥の図鑑も購入。

16:30 聖なる小島 モク・オラ(ココナッツ・アイランド)へ

ヒロにある隠れたパワースポットがココナッツ・アイランドと呼ばれるモク・オラ。この小島へは、長い橋を渡って行きます。

その先には気持ちよさそうな芝生が広がる癒しの広場がありました。ロコ達がまったりと午後のひと時を過ごしています。かつてここはカフナ(神官)が病から人々を救うための儀式をしていた場所だそうです。

 

17:00 リリウオカラニ・ガーデンズ

モク・オラのすぐそばにあるのが、リリウオカラニ・ガーデンズ。ハワイ王朝最後の女王の名がつけられたこの公園は、ハワイ最大の日本庭園として知られています。

園内には日本の茶道家から寄贈されたという茶室も。日本とハワイの深い繋がりを感じる庭園でした。

ここで個々に夕暮れ時を楽しみました。

 

17:30 イディス・カナカオレ・マルチパス・スタジアム

ヒロといえば、フラの祭典、メリーモナーク・フェスティバルが開催される場所としても知られています。フェスティバル自体は毎年4月ですが、開催会場となるイーディス・カナカオレ・マルチパーパス・スタジアムを見に行きました。フラを愛する1人として、テンションが上がります。

 

18:00 クヒオ・グリル

ハワイアンフードやハワイの伝統料理が食べたいとリクエストして連れて行ってくれたのが、クヒオ・グリルです。ここのオックステール・スープが久美子さんのお気に入り。

ポケやカルアポークなどの伝統料理も食べられて満足。他にもサイミンやフライドライスオムライスなど皆さんとシェアしておいしくいただきました。

つづく

2018年ハワイ島ツアーレポート その1はこちら≫
2018年ハワイ島ツアーレポート その2はこちら≫
2018年ハワイ島ツアーレポート その3はこちら≫
2018年ハワイ島ツアーレポート その4はこちら≫
2018年ハワイ島ツアーレポート その5はこちら≫
2018年ハワイ島ツアーレポート その6はこちら≫
2018年ハワイ島ツアーレポート その7はこちら≫

2019年の募集要項はこちら>>