暮らすように過ごす旅 2018年ツアーレポート その4
- 2019/03/09

Aloha. HLCスタッフのMACHAです。

毎年恒例のハワイ島現地4泊のツアー「暮らすように過ごす旅」。ハワイを代表するネイチャーガイド長谷川久美子さんと共に5日間を過ごす、女性限定のハワイ島ツアーです。

2019年の募集要項はこちら>>

今回は2018年9月に開催したツアーの3日目(9月5日)前半をレポート。

 

7:00 イミロア・アストロミー・センターでハワイの固有植物観察

この日はヒロ周辺の見どころを回る日。朝一で、滞在しているゲストハウスの近くにあるイミロア・アストロノミー・センターへ。天文学の展示・教育施設ですが、ここの庭にハワイの固有種がたくさん植えられているのです。

落ちていたククイナッツの実を割って中を観察したり、発酵が始まったノニの果実の匂いを嗅いでみたり。見て、触れて、嗅いでと、五感をフルに使って朝一の植物観察を楽しみました。

 

8:00 スイート・ケイン・カフェで体に優しいモーニング

「オーガニックカフェに行きたい!」という参加者のリクエストにより、久美子さんが連れて行ってくれたのがこのスイート・ケイン・カフェ。オープンキッチンなので、自分がオーダーしたメニューがどのように作られているのかを見ることができて、とても安心。

人気のメニューはスムージーやとれたての野菜で作られるバーガー、ピタやボウルなど。この日オーダーしたのは、アボカドサンドイッチとアサイースムージー。ボリューミーでも胃に優しく、ペロリといただけます。

 

9:30 滝と虹のコラボレーション レインボー・フォールズ

ヒロに来たら一度は訪れたいのが、このレインボー・フォールズ。滝にかかる虹を見られるチャンスは晴れている日の午前中に多いらしいとのことですが、なんとこの日は気象条件、時間帯共にバッチリ。案の定、多くのカメラマンが押し寄せていました。

遊歩道を登っていくと、滝を上から見られるスポットが。

くっきりとした虹がかかっている様子が見られました。

敷地内には、こんなに大きなバニヤンツリーも。皆で木登りをして遊びました。

 

10:30 溶岩トンネル カウマナ・ケイブを探検

ラバ・チューブと呼ばれる溶岩トンネルはハワイ島にたくさんあります。キラウエアにあるサーストン・ラバ・チューブがよく観光されていますが、このカウマナ・ケイブは観光客も少なく、ゆっくり探検できるのが魅力。懐中電灯を持って恐る恐る暗闇の中へ。

1881年にマウナロアが噴火した際にできた洞窟で、長さは40㎞もあるそうです。狭い場所の通行には難儀しましたが、流れる溶岩の迫力をイメージでき、よい体験になりました。

 

12:00 ヒロのポスト・オフィスで国際郵便を投函

参加者の1人が、国際郵便を出したいとのリクエストで、ヒロのポスト・オフィスへ。おしゃれな建物と内装。P.Oボックスも趣がありました。

ハガキを受け取る相手の喜ぶ顔が楽しみですね。

 

12:30 半神半人マウイのカヌーが到着したワイルク川

ちょうど近くに伝説の場所があるとのことで、ポスト・オフィスの近くに流れるワイルク川へ。ここは、ヒロに住む母親を助けるために来た際に、マウイがカヌーを止めた場所としても知られています。伝説ではその時に乗って来たカヌーがそのまま岩になっているとのこと。どれでしょうか。

 

13:00 スイサンにて ボリューム満点フレッシュポケランチ

ハワイに来たら一度は食べたくなるのが鮮魚をしょうゆやごま油で和えたポケ。鮮魚をよく食べる日本人の口によく合います。ヒロの中心地にあるスイサンは100年以上の歴史がある老舗。大きなショーケースの中から好きなポケを選び、ご飯に添えていただきます。大きめのボックスにたっぷり盛りつけてもらい、皆さんでシェアしていただきました。

つづく

2018年ハワイ島ツアーレポート その1はこちら>>
2018年ハワイ島ツアーレポート その2はこちら>>
2018年ハワイ島ツアーレポート その3はこちら>>

2019年の募集要項はこちら>>