自然満喫・鎌倉ネイチャーウォークレポート 前編
- 2014/11/19

11月8日(土)に実施した
「鎌倉ネイチャーウォーク」のレポート。
今回は前編をお届けいたします。

11月8日。

少し天気が心配されましたが、
思いが届いたのか何とか持ちこたえてくれたよう。

20150728OS28

曇天の中ではありますが、
鎌倉ネイチャーウォークを開催しました。

本日ガイドしてくださるのは、
生態学の視点を生かした庭作りを手がける傍ら、
北鎌倉でネイチャーガイドとして活躍されている清右衛門さん。

20150728OS29

ハワイ島ツアーでおなじみの長谷川久美子さんや、
ベジ料理家のヨシハラアンナさんも同行してくださいます。

20150728OS30

コースとしては、江ノ島を望む、江ノ電鎌倉高校前駅を出発して、
腰越のモンタナ幼稚園から広町緑地へ。
広町緑地でたっぷり自然観察したら、七里ケ浜の住宅街を抜けて、
稲村ケ崎のBlue Planet Explorerまで歩きます。
3時間が目安となっています。

歩き出してすぐ立ち止まる清衛門さん。
その側にはよく見かけるような黄色い花が。

20150728OS31
20150728OS32

これは『ツワブキ』といって、
海岸近くによく生える植物で、潮に強いそう。

そして、解説中におもむろに紙を取り出す清右衛門さん。

20150728OS33

『ツワブキ』は、ひとつの花のように見えるけれど、
実はたくさんの花が集まってできているのだそう。
周りを囲って、舌のように長く伸びているのが舌状花、
中央部に無数にあるのが筒状花です。

ばらばらにほぐしてみると・・・

確かに納得!

20150728OS34

ひとつひとつが花だと知ると、
何気なく道端にあるだけだった『ツワブキ』が、
皆で協力して咲き誇るような、
そんな少し違った姿に見えてくる気がします。

今回の企画に参加して驚くのは、道端に咲く植物の量!
いつもは意識していないだけで、
私たちの暮らしがいかに様々な生命に囲まれているものなのか、
知ることができます。

『ワイヤープランツ』、『ゴクラクチョウカ』、
『ポインセチア』のように葉が色づく『ブーゲンビレア』、
『タブノキ』、葉が枯れてもなぜか落葉しない『カシワ』。

20150728OS35
20150728OS36
20150728OS37
20150728OS38
20150728OS39

住宅街を抜け、森に入る手前、
「『ススキ』の色を覚えておいてくださいね」
と清右衛門さん。

20150728OS40

森に入る前の『ススキ』は薄い茶色のようです。
あとで何のタネ明かしとなるのか楽しみ・・・!

後編はこちら→「鎌倉ネイチャーウォーク」レポート後編

エディター SAORIN 趣味:ウクレレ

エディター SAORIN
趣味:ウクレレ