コンチョをワンポイントに!革紐を使ってハワイ手帳をまとめる方法
- 2019/02/06

Aloha! ハワイ・ライフスタイル・クラブ(HLC)スタッフのSAORINです。

金属のボタンであるコンチョをワンポイントに、ハワイ手帳を革紐でまとめるカスタマイズを考えてみました。シールや付箋を手帳に挟んで厚みが出てしまいがちな方も、紐でまとめれば、スリムに持ち運ぶことができます。

以前のハワイハンドメイドはこちら>>

 

ハワイ手帳を革紐でまとめよう

材料はこちら。

【材料表】
ハワイ手帳 1冊
革紐(ピンク・茶色) 50cm×各1本
コンチョボタン 1個
スペーサー(シルバー)2個
ウッドビーズ 2個
リーフパーツ(金古) 2個

 
ハワイ手帳表面の右端から約2cm間隔を空けて、カッターで縦に約1cmの切り込みを入れます。ペンホルダーの下あたりがオススメ。


切り込み部分にピンクの革紐を通し、一方を裏で固結びします。



革紐にコンチョを通します。なかなか入れづらい場合は、目打ちなど先端が細いものを使うのがオススメです。


通ったら、茶色の革紐も同様にコンチョに通します。


8cmほど一方を残して、コンチョの裏側で固結びします。ピンクの革紐も同様に固結びします。



ハワイ手帳にピンクと茶色の革紐をぐるりと巻き、コンチョに残りの部分を巻き付けます。先ほど約8cm残していた革紐に、スペーサー、ウッドビーズ、リーフパーツを順に通し、先端を固結びします。


ぐるりと巻き付けたピンクの革紐にも、同様にスペーサー、ウッドビーズ、リーフパーツを順に通し、固結びします。バランスを見て、余分な革紐をはさみでカットします。


完成です。



先端にチャームをつけてボリュームを出すことで、ゆらゆらと揺れるデザインに。カバーデザインに合わせて、使うコンチョやパーツも自由に選んでみてください。次回もお楽しみに♪

 

SAORIN