【ハワイを感じるおうちごはん】バレンタインギフトにぴったり チョコレートバーク
- 2019/02/03

Aloha! EwaYuriです。

アメリカ、ハワイの暮らしの中で覚えたおいしい味を皆さまにお伝えしていく「ハワイを感じるおうちごはん」。

今回はバレンタインギフトにオススメ「chocolate bark(チョコレートバーク)」と呼ばれるお菓子をご紹介します。グラノーラやドライフルーツ、ナッツを入れてヘルシーに仕上げました。

ハワイのスーパーマーケットでは様々な種類のグラノーラやドライフルーツ、ナッツなどが量り売りで購入できるので、お土産に買った物で作っても楽しいですよ。簡単なのでお子さんと一緒に作るのにもぴったり。

コーヒー、紅茶はもちろん、ワインなどとも合いますので、バレンタインディナーの後のデザートにも。ぜひお試しください。

 

チョコレートバーク

【材料 作りやすい分量】

・チョコレート 226g  (113g入りを2箱使用)
・グラノーラ 35g
・お好みのナッツ  15g
・ドライフルーツ  20g

※ホワイトとミルクチョコレートの2種類を使用して、以下の組み合わせで作りました。

●ミルクチョコレート(グラノーラ、ドライアプリコット、フリーズドライのストロベリー、ハニーグレイズアーモンド)

●ホワイトチョコレート(グラノーラ、ドライアプリコット、フリーズドライのストロベリー、ピスタチオナッツ)

 

【作り方】

①ナッツとドライフルーツを細かく刻む

ナッツ類はビニール袋などに入れて、綿棒などを使って叩いて細かくしておきます。ドライフルーツは小さく刻んでおきます。

②チョコレートを溶かす

湯煎にかけたボウルに刻んだチョコレートを入れて溶かします。電子レンジを使って溶かしてもOKです。

③溶かしたチョコレートを流し込む

クッキーシートなどにクッキングペーパーを敷いて、その上に溶かしたチョコレートを流し入れてヘラなどで平らにします。

④具材をのせる

グラノーラ、ナッツ、フルーツ類をチョコレートの上にまんべんなくのせます。手で具を軽く抑えて、チョコレートと触れるようにすることで、具材が落ちにくくなります。

⑤チョコレートを固める

室温または冷蔵庫に入れて固めてください。 チョコレートが固まればでき上がりです。ナイフなどで食べやすい大きさに切るか、割っていただきます。

 

【アドバイス】
グラノーラやナッツ、フルーツは好みで選んでください。今回はココナッツフレークやレーズンが入った「タヒチアンバニラ」というグラノーラを使いました。日本のスーパーでも手に入りやすいフルーツが入った物などを使うとおいしく仕上がります。

EwaYuri
エヴァ・ユリ ハワイ・オアフ島に11年暮らす。その後横須賀(神奈川)、カリフォルニアなどを経て2018年には再びハワイへ。食生活には妥協せず、“おうちごはんが一番おいしい”をモットーとする。アメリカ、ハワイの暮らしの中で覚えたおいしい味を、ブログなどを通して広く発信している。『みんなのラクうま献立日記』(翔泳社)、『クックパッド&地球の歩き方 世界のおいしいおかず』(ダイヤモンド・ビッグ社)などへの掲載歴あり。

EwaYuri食堂 https://ameblo.jp/ewayuri

 

ハワイ料理をもっと身近に、もっと手軽に!
本格レストランの味を自宅で実現できるレシピブック発売中!

大好きなハワイ料理だからこそ、普段のライフスタイルにとり入れたいという皆さまに朗報! 学習ミニBOOK『Ohana Learning』シリーズから、待望のレシピブックが登場しました。

HLCオフィシャルサイトで1年間連載してきた【おうちでハワイごはん-Taste of Hawaii】を一冊にまとめたミニBOOKです。

購入はこちら