【ハワイを感じるおうちごはん】寒い季節に食べたくなる チリ
- 2018/12/03

Aloha! EwaYuriです。

アメリカ、ハワイの暮らしの中で覚えたおいしい味を皆さまにお伝えしていく「ハワイを感じるおうちごはん」。

12月に入ってハワイもだいぶ涼しくなり、まもなく雨季を迎えます。今月ご紹介するのは「チリ(Chili)」。メキシカンの料理「チリコンカン」というとピンとくるかもしれませんが、アメリカやハワイではシンプルに「チリ」と呼ばれます。

ハワイのプレートランチでもおなじみですが、ひき肉を使うので煮込み時間も比較的短く、スパイスを効かせているので、寒い日本の冬にもぴったりです。アレンジ自在な優れものですので、ぜひお試しくださいね。

 

チリ

【材料 作りやすい分量】

・牛ひき肉  約500g
・パプリカ  1個
・玉ねぎ  1個
・にんにく  1〜2片
・オリーブ油  大さじ1
・ブラウンシュガー  小さじ2
・チリパウダー  小さじ2
・クミンパウダー  小さじ2
・ブラックペッパー 少々
・塩  小さじ1
・トマト缶(カットしてある物がオススメ)1缶
・水  60㎖
・ビーフコンソメ  小さじ1程度

 

【作り方】

 

(下準備)

玉ねぎ、パプリカは粗めのみじん切り、にんにくは細かくみじん切りにしておく。

 

①野菜類を炒める。

鍋にオリーブオイルを熱して、野菜類を入れて炒めます。塩を少々(分量外)加えて炒めることで野菜から水分が出やすくなり、炒める時間が短縮。味もよくなります。

②牛ひき肉を加えて炒める

野菜がしんなりしてきたら牛ひき肉を加え、ひき肉が崩れてきたら塩を降ってよく混ぜてください。

③スパイス類を加える

しっかり炒めて香りを出します。

④トマト缶と水を加えて煮込む

トマト缶詰め、水を入れて混ぜ、弱火で20分程度、コトコト煮込みます。固形だったトマトが煮崩れるくらいが目安です。

⑤味をととのえる

ビーフコンソメなどで味を足したらでき上がり。

 

【アドバイス】
好みで豆(水煮の缶詰めでOK)を入れてもおいしく仕上がります。あればオレガノなども加えると香りがぐっとよくなります。

我が家では「メキシカンシーズニング」というスパイスミックスを買い置きしてあり、このチリをはじめ、メキシカンフードを作る時にはよく使います。料理好きの方へのお土産にもにもオススメです。

チリはそのまま食べてもおいしいのですが、チーズと一緒にホットドッグにかけて「チリチーズドッグ」、フライドポテトにチーズソースとかけて「チリチーズフライ」などにアレンジしてもおいしくいただけます。ライスと合わせて「チリ&ライス」、またハワイスタイルのマカロニサラダを添えればハワイのプレートランチ風に仕上がります。

 


EwaYuri
エヴァ・ユリ ハワイ・オアフ島に11年暮らす。その後横須賀(神奈川)、カリフォルニアなどを経て2018年には再びハワイへ。食生活には妥協せず、“おうちごはんが一番おいしい”をモットーとする。アメリカ、ハワイの暮らしの中で覚えたおいしい味を、ブログなどを通して広く発信している。『みんなのラクうま献立日記』(翔泳社)、『クックパッド&地球の歩き方 世界のおいしいおかず』(ダイヤモンド・ビッグ社)などへの掲載歴あり。

EwaYuri食堂 https://ameblo.jp/ewayuri

ハワイ料理をもっと身近に、もっと手軽に!
本格レストランの味を自宅で実現できるレシピブック発売中!

大好きなハワイ料理だからこそ、普段のライフスタイルにとり入れたいという皆さまに朗報! 学習ミニBOOK『Ohana Learning』シリーズから、待望のレシピブックが登場しました。

HLCオフィシャルサイトで1年間連載してきた【おうちでハワイごはん-Taste of Hawaii】を一冊にまとめたミニBOOKです。

購入はこちら