アロハエクスプレス編集日記Vol.4-サンライズシェルをご存じですか?
- 2018/08/15

ALOHA~!アロハエクスプレス編集部です。

サンライズシェルは、貝の中央から外側へ白からオレンジのグラデーションが、水平線から昇る朝日の輝きに似ている、大きさ2~3cmの世界でも珍しいホタテ貝の一種です。ハワイ諸島だけで採れる希少価値の高い貝で、その昔はノースショアのビーチで拾い集めることができたそうですが、今ではダイバーが海深く潜らないと手に入れることができません。

今回は、美しいサンライズシェルを、自ら海に潜って採取し、アクセサリーに仕上げているデザイナーをご紹介します。

 

幸運を運んでくるサンライズシェル

まるで海に朝日が昇るようなグラデーションの美しさから、その名がついたといわれるサンライズシェル。ハワイ諸島でしか採れない希少な貝で、古代ハワイから身につけていると幸運を運んでくるといわれています。

古代ハワイでは、王族だけが身につけることが許され、マナという自然の力が込められているハワイのダイヤモンドといわれていたそうです。男の子の成人の儀式に使われたともいわれ、海深く潜りサンライズシェルを採ることができたら成人と認められたそうです。

今ではサンライズシェルのネックレスやピアスなどがあり、観光客のみなさんに身近な存在になっています。

 

フロットサム&コーのカレンさんのこだわり

サンライズシェルを使ってジュエリーを作るアーティストは、ハワイに大勢いますが、フロットサム&コーのカレン・サウィッキーさんのように、自ら海に潜って貝の収集からアクセサリー作りの全工程をひとりで行っているというケースは、とても珍しいです。

貝が生息しているのは30メートルの深さで、潜ったからといって必ず見つかるものではないうえに、1日に何度も潜れるものではありません。ノースショアでは、一般的な黄色い貝は多く採れますが、オレンジやレッドの珍しい貝が採れるのはダイヤモンドヘッド周辺の海で、オレンジとブルーのミックスや虎柄のような模様になったシェルもあります。

このような背景から、どうしても値が張ってしまうサンライズシェルですが、カレンさんの作品は、仲介業者を挟まない分だけお手頃です。天然素材ゆえ世界に一つしかない1点ものです。

アロハエクスプレス編集日記
次回もお楽しみに…Mahalo!

 

フロットサム&コー
ワード・ビレッジ・ショップス内
サウスショア・マーケット1階

住所:1170 Auahi St. Honolulu
電話:917-993-1391
http://www.flotsamand.co/
営業:10:00~21:00、日曜~18:00
休み:なし

 

アロハエクスプレス編集部

アロハエクスプレス最新号
2018年6月20日発売
発売日前からの予約購入可能

【第1特集】
まるごと一冊ワイキキ
・ハワイ3大グルメみやげ徹底研究
・ワイキキで出合える口福グルメ
・物欲満足ショッピング

【第2特集】
ワイキキ今昔物語

【第3特集】
ハワイのアクティビティ最新情報

アロハエクスプレス
1987年創刊の国内有数のハワイ専門誌。ハワイのトレンドや最新情報などを毎号現地取材で紹介。2018年にリニューアルしてパワーアップ。

定価:本体1,556円+税
発売:年5回/2月・4月・6月・9月・11月(20日発売)

購入サイト>> http://www.m-on-books.jp/magazine/alohaexpress