【Aloha Interview Vol.44】フラダンサー/サラ・カマレイ・ノイルさん
- 2013/11/14

20131114_noiru

16歳からプロのフラダンサーとしてワイキキのホテルのフラショーやイベントなどで活躍し、昨年のメリー・モナーク・フェスティバルではミス・アロハ・フラに4位入賞したサラ・カマレイ・ノイルさん。日本のハワイアンイベントなどでも目にする機会が多くなってきています。そんな彼女に、フラを始めたきっかけや将来の夢、休日の過ごし方などについてお聞きしました。


20131114_noiru2

HLC フラを始めたきっかけについて教えてください。

――母が、「ハワイに生まれた女性は皆フラを学ぶべきだ」という考えを持っていたこともあり、6歳からフラを始めました。ジャズやバレエ、ヒップホップなど、他にも多くのダンスを経験してきましたが、最も情熱を感じたのがフラでした。それにフラは、何と言ってもハワイ文化の重要な一角。そのハワイに生まれ育った自分にとって、フラがとても大切なものになっているのがわかりました。実際、一度もやめたいと思ったことはありません。すでにフラは私の一部になり、家族とも言える存在なのです。

 

HLC 踊っている時はどのようなことを感じているのですか。

――フラを踊るときには、その歌詞の意味などを再認識してから踊ります。すると自分が物語の中にいるようですごく楽しくなる。特にアウアナが好きで、ゆっくりと優雅にゆれていると、宇宙に飛んでいってしまうのでは、と思うほどに体が軽くなります。

20131114_noiru3

 

HLC 16歳からプロとして活動されているとか。

――ええ。2つのプロダクションに所属して、主にワイキキを中心に活動してきました。ロイヤルハワイアンホテルやヒルトン、プリンセスカイウラニ、モアナホテルなどのショーで、多いときは1週間に6日も踊っていました。今では時々出演する程度ですが、友人たちはまだ踊っているので、時々見に行ったりします。現在は、ソロとして活動を始めたので、日本をはじめ、各国を訪問し、フラショーに出演したり、様々なプロモーション活動をしています。ウエブサイトでは活動状況などを随時アップしているので見てみてくださいね。

 

HLC ステージ衣装も素敵ですね。

――実は、自分でデザインしているのです。好みのスタイルと生地の種類をデザイナーさんに伝えて形にしてもらいます。イオラニオンコナストリートで販売もしていますよ。

20131114_noiru7

「サラ・カマレイ」の名で出したDVD「Love to Hula」

 

HLC 何度も来日されていますが、日本のカルチャーをどう見ていますか。

――日本に来るようになって感じたことは、日本人はお互いにとても丁寧に接しているということです。特に挨拶など、ただ言葉をかけるというだけでなく、心から相手を受け入れるという気持があるように感じます。安全で安心して過ごせる日本は第2の故郷。そんな日本にいつか住んでみたいとも思っています。気に入っている点は、とにかくカワイイものがたくさんあること。それらを買って友人などにプレゼントするととても喜ばれるので、来日するとついつい買いすぎてしまいますね。

20131114_noiru5

サラさんのカバンの中から、お気に入りの私物

 


HLC ハワイでは、お休みの日もアクティブ派とか。

――休みになるとビーチに行き、泳いだりサーフィンをしたり、最近流行っているパドルボードをしたりして過ごしています。パドルボードのバランスをとるのは難しいのですが、フラで鍛えたこともあって、バランス感覚もまああるみたいでとっても楽しいですよ。お気に入りのビーチは、子どもの頃、よく家族とバーベキューをしに行っていたワイキキビーチですね。自宅から車で5分くらいの距離なので便利ですし。それからノースショアにも時々出かけます。冬は波が高いので眺めるだけですが、それ以外の季節は泳げるので好きな場所です。

20131114_noiru4

HLC 将来の夢について教えてください。

――フラの素晴らしさを伝えていきたいと思っています。日本に自分の学校をつくり、日本の皆さんと、自分のフラやアロハスピリットなどをシェアしたい。東京につくるのが夢ですね。

 

HLC 楽しみですね。日本のフラガールたちに一言メッセージをお願いします。

――大学でハワイの歴史を勉強する中で、フラには様々な意味や歴史があることを知りました。それを理解したうえで踊るとより深いものになると思いますよ。

20131114_noiru6

HLC  ありがとうございました。

 

【Profile】
オアフ島生まれ、在住。6歳からフラを始め、2005年からプロとしての活動を開始。Halau I Ka Wekiuに所属し、数々のコンペに出場。12年のメリー・モナーク・フェスティバルではミス・アロハ・フラで4位入賞。07年から旧ハワイ観光局のキャンペーンポスター・ガールに抜擢。Manoa DNAと共にJATAやアロハヨコハマ・フェスティバルなどにも出演。自身のフラ衣装ブランドKamalei with Ionani on Kona Streetのデザインとモデルを行う多彩なフラガール。

オフィシャルウェブサイト: http://lv2hula.com/

【取材後記】
渋谷の東急ハンズのカフェでの取材でしたが、初めてお会いするのに、人懐っこい笑顔、フランクな人柄は生来のものでしょうか。スタッフとともに即ファンになりました。フラに対するこだわりや熱い思いを語る一方で、「これを東京で買いました」と言いながら見せてくれた数々の雑貨は、どれもファンタジーなものでした。フラダンサーであり、デザイナーであり、お父さんはプロの写真家でもあります。アーチストとして多面的な魅力を感じさせる何か不思議な存在感と潜在力を感じました。