ハワイは自然災害が起こりやすい?地震より洪水や津波、溶岩に注意
- 2018/06/09


豊かな自然に恵まれたハワイは、自然災害が発生しやすい場所でもあります。特に、洪水やハリケーン、津波、溶岩による災害は定期的に発生していますので、住むとなったら十分な注意が必要です。

ハワイ在住ライター・相原光さんが書く、第15回の『ハワイに住もう』はハワイの自然災害がテーマ。

ハワイに住むことを考えているなら、向き合っておくべき重要な現実になります。

【ハワイに住もう】過去のコラムはこちら>>

 

ハワイ島は危ない?


現在、大きなニュースとなっているハワイ島キラウエアの火山活動。山頂の火口は断続的に噴火を繰り返しており、溶岩も噴出・流出し続けている状態です。

とはいえ、これは限られたごく一部の地域。ハワイ島は広いので、ほとんどのエリアでは通常通り生活しています。どこでも危険なわけではありません!

過去のデータや現在の状況などから、専門家が頻繁に注意情報をアップデートしているので、思わぬところが突然危険になるということもありません。ハワイ島住民の多くが、危険を強調するような報道にため息をついている状態です。

「でも、溶岩の危険がどれくらいあるか、どうやって予測すればいいの?」という疑問が浮かぶかもしれません。実は、ハワイ島には溶岩に関する公式なハザードマップがあり、危険度合いが1~9段階で規定されているのです。

【参考:米地質調査所(USGS)

今回、亀裂が発生して溶岩が噴出した住宅街は、危険度1のエリア。つまり、溶岩が流れる可能性が最も高い地域なのです。(数字が低い方が危険度が高い)

現在、「イーストリフトゾーン」と呼ばれる活断層に沿って亀裂が発生し、溶岩が噴出しています。

土地や住宅の売買、賃貸契約の際、危険レベルについては必ず明記されているので、自分が住んでいる場所がどれくらい危ないかは誰でも把握しているはず。これから住む予定の方は、自分が住む場所がどれくらい危険かを必ず確認することをオススメします。

溶岩が直接流れてくる可能性は低くても、もっと広範囲に影響しているのが「ヴォグ」と呼ばれる火山性の大気汚染。風向きの関係で、島の西側は特に影響が大きく、オアフ島やカウアイ島までヴォグが流れることもあります。

アレルギーのない私でも、ヴォグがひどい時にはくしゃみ・鼻水・目のかゆみなどを感じます。ハワイは空気がきれいという印象がありますが、実は喘息の罹患者が多いところなのです。

 

洪水は発生頻度が高い


ハワイ全土で注意が必要なのが洪水。年間を通じて雨が多いため、他の自然災害に比べると頻度が高いといえます。

ハリケーンのせいだけでなく、大雨が降るだけでも洪水になる場合があります。豪雨のために土砂崩れや地盤沈下が起こることも。2018年4月にカウアイ島で発生した大規模な洪水によって被害を受けたエリアは、いまだに復旧作業が続いています。

溶岩同様、洪水も危険度がランクづけされたハザードマップがあり、住宅に関する契約書には必ず危険度が明記されているはずです。

少々大雨が降るだけで水が溜まってしまう場所が、ハワイには実にたくさんあるのです。道路の通行止めや通行規制も頻繁にあります。洪水注意の標識もよく見かけます。

【参考:ハワイ州の洪水危険度マップ

 

地震と津波の可能性


ハワイでも日本と同様に地震はあるのですが、気づかない程度の揺れが年に数回発生するくらいで、大規模な地震はめったに起こりません

ただし、ハワイ島には活発に活動している火山があるため、大きな地震が発生することがあります。2018年5月4日に発生したM6.9の地震は記憶に新しいところです。

地震よりも注意報の頻度が高いのは津波。地震によって発生する津波の可能性が常にあるのです。

それは、ハワイで発生した地震の影響だけでなく、北米や南米大陸、アジアや太平洋地域で発生した地震の影響によってハワイに津波が発生することもあるからです。2011年の東日本大震災の際も、最大12フィートの津波がハワイ島コナで観測されました。

ハワイでは、年に数回は津波注意報が発令されています。

津波の避難エリアに指定されている場所には、道路に表示があります。津波の被害を何度も受けているハワイ島ヒロには、市街地全体が避難エリアに指定されています。最初に見たときは、かなり内陸にも表示があって驚きました。

【参考:ハワイ津波避難ゾーンマップ

ハワイへの移住をお考えの際は、「自然が豊かな場所では自然災害も発生しやすい」ということをお忘れなく!在ホノルル日本国総領事館が、ウェブサイト上で「安全の手引き」を掲載しているのでご参照ください。

 

相原光
ハワイ島在住フリーランスライター兼SUSHI屋のおかみ。群馬県出身、早稲田大学卒業。2008年ハワイ移住後、ハワイの文化歴史や美容・健康・レストラン・スポーツ・ビジネス・音楽・アート・農業など、あらゆる分野で記事を執筆。ハワイの著名人へのインタビューは百名を越える。2012年に夫婦で持ち帰り寿司店をオープン。ライターとして活動しつつ、寿司屋のおかみとしても格闘中。

電子書籍『光のハワイ島日記』
ご購入はこちら>>

ブログ
http://ameblo.jp/hikaruhawaii/