無料でアートが楽しめる!GREENROOM FESTIVALの参加レポート
- 2018/06/07


Aloha! ハワイ・ライフスタイル・クラブ(HLC)スタッフのSAORINです。

サーフやビーチカルチャーをルーツにもつ、音楽とアートのカルチャーフェスティバル、GREENROOM FESTIVAL’18が、5月26日(土)、27日(日)に横浜赤レンガ倉庫で開催されました。

このフェスティバルでは『Save The Beach、Save The Ocean』をコンセプトに掲げており、海やビーチのライフスタイルとカルチャーを伝え、子ども達に大切なビーチを残していくことを目的としています。

26日(土)の様子をレポートします。

 

無料でアーティストと話すチャンス!ART GALLERY


気軽にアートを楽しめるのがGREENROOM FESTIVALの魅力の1つ。赤レンガ倉庫2FのART GALLERYでは、国内外問わずアーティストによる素晴らしい作品の数々を無料で観ることができます。作品だけではなく、運がよければ本人と話すことも可能。なかなかない機会です。

 

NICK KUCHAR




ハワイ手帳でもおなじみの彼。初期のサーフィンやビーチカルチャーのビンテージな色使いやタイポグラフィ、ノスタルジアから影響を受けた作品は、どれも懐かしい気持ちにさせてくれます。グッズを購入した人にはうれしいサインのプレゼントも。

 

MATTHEW ALLEN




南カリフォルニア出身のアーティスト/フォトグラファー。最近、UNIQLOとのコラボラインなども発表しました。自身のライフスタイルが反映されたモチーフ(サーフボードや髭、山脈、オートバイ)は、海や自然が好きな方なら惹かれてしまうはず。

 

ERIK ABEL




カリフォルニア出身のサーファーというルーツをもち、豊かな土着文化を巡る旅を通じて、その民族の空気感や雰囲気を取り込んできたアートスタイルの彼。独特な波、大胆な色使いが特徴的です。

 

BREE POORT




オアフ島ノースショアを拠点に活躍中。レジン(樹脂)を使用した作品は彼女自身の目で見た海を描いており、ドローンを使用した上空からの景色やサーフィンをした時に見えた色からインスピレーションを受けているそう。深みある色合いや質感が印象的。

 

HEATHER BROWN




ハワイを拠点に活躍するアーティスト。2006年に本格的に絵を描き始めてから、瞬く間にハワイのサーフシーン、アートシーンから注目された彼女の作品は見たことがある方も多いはず。作品同様、ハッピーなオーラに溢れた笑顔をカメラに向けてくれました。

 

JONAS CLAESSON



スウェーデンストックホルム出身。拠点であるオーストラリアの影響と北欧のルーツとが織り交ざったアートが特徴。ヘラジカ、シロクマ、トナカイ、アザラシとサーファーなどが共生する世界観は、とてもユニークで独創的。

他にもビーチやサーフカルチャーに根差したアーティストによる作品が数多く飾られていました。時間制限もないので、じっくりと見ることができました。





中でも印象なフレーズが描かれたYUSUKE HANAIのアートや、スケートボードの廃材で作られたcoreのアートは、『Save The Beach、Save The Ocean』をコンセプトに掲げるGreen Roomならではの展示でした。


 

素敵なアイテムと出会える場!SURF MARKET


ART GALLERYと同じく、入場料がかからないSURF MARKETのエリア。多くの企業や雑貨店が商品の紹介や販売を行っていました。中には価格が安くなった掘り出しアイテムも。Beachといったビーチテイストの雑貨屋さんも多く出店しており、存分に買い物を楽しめます。




エリアの一角には、公益財団法人かながわ海岸美化財団のブースも。流木を使った写真立て作りのワークショップや海で実際に拾われるゴミの展示など、海が抱える問題を分かりやすく伝えるブースになっていました。




GREENROOM GALERRYによるアートの販売も行われていました。定期的にアーティストが店頭に来て、サインがもらえるうれしい時間も。この時はKRIS GOTOが来ており、ファンとの交流を楽しんでいました。



エリアの各所ではライブペインティングを行うアーティストの姿も多く、アートを身近に感じられる空間が広がっています。壁画も随所にあり、多くの来場者が記念の1枚を残していました。



潮風を感じながら音楽に酔いしれるライブのラインナップも豪華。音楽フェスというとアクセスがネックになりがちですが、横浜赤レンガ倉庫であれば都心からもストレスなく参加できます。



ライブがメインと捉えられがちですが、無料でまわれるアートや物販エリアだけでも満足感の高いGREENROOM FESTIVAL。今年行き逃した方はぜひ来年訪れてみてください。

また、日本でのGREENROOM FESTIVAL’18は終了してしまいましたが、GREENROOM FESTIVAL HAWAII’18はこれから!9月7日(金)・8日(土)に開催されるので、ぜひハワイ旅行がてら訪れてみてはいかがでしょう?

GREENROOM FESTIVAL’18

【日時】
2018年 5月26日(土)・27日(日) 開場11:00/開演12:00/終演21:00

【会場】
横浜赤レンガ地区野外特設会場

【主催・企画・制作】
GREENROOM FESTIVAL実行委員会

【チケット】
2日券:¥19,000(税込)/1日券:¥11,730(税込)

【詳細】
HP:http://greenroom.jp
Instagram:https://www.instagram.com/greenroomfestival/
Facebook:https://www.facebook.com/GreenroomFestival/
Twitter:https://twitter.com/GreenroomFes

【後援】
横浜市文化観光局、横浜港運協会、(一社)横浜港振興協会