【Aloha Interview Vol.94】トラベルフォトジャーナリスト/KANAさん
- 2018/05/27

連載コラム「フォトジェニックなハワイ旅」でおなじみトラベルジャーナリスト/トラベルブロガーのKANAさん。ハワイを拠点に世界を飛び回るライフスタイルを続けています。そんな彼女に、世界を旅するおもしろさやその意味、現在のライフスタイル、独自の目線で見るハワイの魅力、今注目のスポットなどをうかがいました。


HLC トラベルフォトジャーナリストとして活躍されていますが、どのような経緯でこのお仕事を?

—— 5〜6年前まで、日本でファッションやコスメのセレクトショップを経営していました。その買いつけでニューヨークやパリに毎回1カ月間ほど滞在するようになったのが、海外生活の始まりです。当時Airbnb(エアビーアンドビー)がなかったので、掲示板などでアパートを探して借り、地図を手に様々なところを歩き回りました。そして素敵な場所を見つけたらブログで発信していたのです。

また1カ月も滞在していると現地に友人ができます。今では世界中に人脈があり、それが私の宝物となりました。そういう生活をしていくうちに、物を売るのではなく、旅の素晴らしさ、海外の素晴らしさを日本に伝える仕事がしたいと思うようになったのです。

 

HLC それからはどのように?

—— 始めはニューヨークに編集部があるクリエイティブマガジンや旅系のメディアにインターンで入りました。ライティング、編集に加え、芸能人のインタビュー取材も多く経験させてもらい、半年後にはフリーランスとして独立。有名ガイドブックや雑誌の編集などを経て、トラベルフォトジャーナリストとして様々な国の政府やホテル、航空会社、旅行会社の依頼を受け、毎月世界を飛び回るようになりました。

HLC これまで訪れた地域を教えてください。

—— 世界中ですね。有名な観光都市に加え、日本ではあまり知られていない中南米、中東、東欧諸国の国々、アメリカの中西部や南部、北極圏などにも行きました。セルビアには1人で行ったのですが、英語が通じず、アジア人が1人もいないイベントの取材をするという、過酷な依頼でした。楽しそうに見える仕事ですが、コミュニケーション能力と自己管理能力、何でも体験しようという心意気が無いと厳しい仕事です。同じトラベルフォトジャーナリストの先輩方も本当に過密なスケジュールで世界を飛び回り仕事をしています。

 

HLC KANAさんにとって旅とはどういうものですか?

—— 人生。唯一本来の自分に戻れる方法だと思います。特定の場所に長く住んでいると、その国や場所のルール、常識に知らず知らずに縛られていまい、視野が狭くなってしまいます。でも旅に出ると、全てが新しい状態。新しい景色、新しい文化、そして誰も自分を知る人はいない。その中で今までの価値観を一旦横に置いて自分をまっさらにすることができます。常識やルールから脱却し、何もない状態になった時に本来の自分の望みや本当に叶えたいこと、なりたい姿を鮮明に思い描くことができます。

そうやってこれまで旅する中で、自分と深く対話することを繰り返してきました。そして旅をしている間に気がついた、自分にいらないもの、いらない仕事を帰国した時に手放していき、自分がなりたい姿を手に入れてきたのです。

HLC 現在のライフスタイルを教えてください。

—— 旅をしている時は本当にハードです。よく「色々な国で仕事ができていいね」と言われますが、どこかに行って日本に帰ってきても3日後には次の国、1週間後にはその次の国というように、1カ月に30回フライトをすることも。成田に着いても家に帰らずにトランクの中身を詰め替えて次の国へ飛ぶということもありました。

かなりハードなので、休みたい時にハワイに来ることが多いですね。それに世界中を飛び回る生活をしているとゆっくり執筆することができないので、飛び回る時は飛び回り、ハワイに帰ってきたら1カ月くらいゆっくり滞在し、執筆をするというスタイルです。なので、ハワイではスローライフ。早起きして海岸や港を散歩したり、公園に行ってヨガをしたり。リセットを兼ねています。

 

HLC なるほど。よくハワイに滞在されていますね。

—— もともとハワイには幼馴染みが20年ほど住んでいて、子どもの頃から家族ぐるみで年に1カ月くらい滞在させてもらっていました。ハワイは私にとって特別な場所。第二のホームです。

 

HLC ハワイの魅力は?

—— 時間にも見た目にも皆適当なので、いい意味で人のことを気にしなくなることです。東京では人の目を気にして自分を作っていましたが、ハワイでは素の自分で人と接することができます。あとは、ストレスフリーなところでしょうか。自然には人をハッピーにする力があります。ハワイではただサンセットやビーチを見たりしているだけで幸せな気持ちになります。これまで色々な国を見てきましたが、ハワイは不思議なところ。物価が高いのでローカルの人たちは皆仕事をかけもちしていますが、幸せそうです。

 

HLC 今注目している場所はありますか?

—— カカアコエリアです。高層マンションが建ち、ホールフーズもでき、1つのコミュニティーとして発展してきています。ハワイにはあまりおしゃれなところがないので物足りなさを感じることもありますが、カカアコエリアの新しいコンドミニアムや新しいショップはアメリカ本土レベルにおしゃれで洗練されています。

 

HLC 今後、どのようなことを発信していく予定ですか?

—— トラベルジャーナリストとして、世界を飛び回る生き方をどんどん発信していきたいと思っています。世界に通用する人間になるためにはどのようなことをしたらよいか、どういうマインドで世界に行ったらよいかなどを今自分のWEBサイトで紹介しています。観光旅行でなく、1カ月住んだり、その国のことを知ったりするためには、コミュニケーション能力やハングリー精神、強さ、1人で何でもできるという覚悟がなくてはなりません。そういったことをもっと発信していきたいですね。

 

HLC ありがとうございました。

 

【Profile】
世界を飛び回るトラベルフォトジャーナリスト。パリ、NY、LAなど世界の有数都市を転々と拠点にしながら、各国のPRで世界中を旅する。中南米から中東、北極圏まで訪れた都市は200を越え、ハワイは渡航回数30回以上。ハワイのガイドブック製作や現地ラジオ出演、ハワイの写真提供、雑誌にハワイ生活が特集される等ハワイの魅力を伝えるべく活動。
https://jetsettravellife.com/

連載コラム「フォトジェニックなハワイ旅」はこちら>>

【編集後記】
若いうちから様々な経験を重ねてきたKANAさん。お会いするまでは、連載コラムでハワイのおしゃれな写真やスポットを紹介してくださっているので、きっとトレンドに敏感方なのだろうと興味津々でした。お会いして話しを聞き進めていくうちに、当初予想していた以上の彼女の考え方に感心しました。日本やハワイを飛び越えワールドワイドなKANAさんの今後の活動にも注目ですね。