ビーチ風ウェディングで大活躍!紙で作る簡単かわいいロゼット
- 2018/04/06

Aloha!HLCスタッフのSAORINです。

今回はHLCのメルマガ会員特典である、ダウンロードブックカバーを使ったロゼット作りをご紹介。HLCならではのハワイらしい柄を活用したロゼットは、ビーチ風ウェディングで使用するペーパーアイテムにもぴったり。

名前を書いたロゼットをゲストに配れば、思い出の品として喜ばれる物に。柄違いでたくさん作って、ウェルカムボードやフォトコーナーを装飾してもかわいいですね。

以前のハワイハンドメイドはこちら>>

 

ダウンロードカバーでロゼットを作ろう

材料はこちら。

【材料表 1個分】
ダウンロードブックカバー(B6用)の出力紙 1枚
厚紙 1枚
名前を印刷した紙 1枚
リボン 適宜

まず好みのダウンロードブックカバー(B6用)の出力紙をデザインの淵に沿って切ります。次に、横長になるよう半分に折って切り、さらに半分(元のサイズの4分の1)に折って切ります。




切った紙を端から1cm幅の間隔で折っていきます。山折り、谷折りを繰り返し、蛇腹状にします。



1cmの幅がだんだん広くなってしまいがちなので、間隔を揃えて折ることを意識しましょう。最後の折りで余った部分をはさみで切ります。



同様にもう1つ作ります。


双方の端をのりづけして1つにつなげます。



もう片方の端をのりで貼り付け、輪っか状にします。




名前を印刷した紙を円状に切り(写真は直径5cm程度)、厚紙に貼って切りとります。厚紙で同じサイズの円をもう1つ切りとります。



名前が印刷されている方の紙に接着剤を塗り、輪っか状にした本体の中央に貼り付けます。この時、接着剤をたっぷり塗るのがポイント。



接着剤が乾かないうちに、本体を裏返して、蛇腹を中央に寄せて隙間を無くします。


接着剤がしっかり乾いたら、リボンを好みの長さでカットします。切りとっておいたもう1つの円に接着剤でつけたら、完成です!




リボンの端に切り込みを入れると、可愛く仕上がります。




結婚式以外にも、作るサイズを小さくして、プレゼントのラッピング飾りとして使うのもオススメです。その際はダウンロードブックカバー(B7用)をご利用ください。次回もお楽しみに♪

 

SAORIN