【Aloha Interview Vol.89】写真家/杉本篤史さん
- 2017/12/27

ハワイ手帳のカバーでもおなじみ、写真家の杉本篤史さん。杉本さんの写真を見ると、【こんな奇跡みたいな、綺麗な一瞬があるんだな】と心底思ってしまいます。自身の作品だけでなく、写真を使用した商品のデザインやプロデュースも手掛ける杉本さんに、写真のことやハワイについてインタビューしました。


HLC 学生時代に訪れたハワイに魅了され、写真撮影をはじめたとの記事を拝見しました。ハワイの第一印象はどんなものでしたか?

――衝撃的でした。海の青さや椰子の木、絵に描いたようなサーファー達とビーチパラソルが可愛くてずっと写真を撮っていましたね。そして「ALOHA」という言葉には様々な意味が含まれていることもそのとき知りました。

雑誌や写真でした見たことのなかったハワイを、島の光や風を、実際に身体で感じることでもっともっと好きになりました。

 

HLC ハワイには各島ごとに様々な魅力がありますが、どの島が特にお好きですか?

――カウアイ島ですね。全ての離島が好きですが、一番最初に自分でブッキングして日帰りツアーを申し込んだのがカウアイ島でした。

日帰りツアーって上手いこと虜にさせてしまう時間の長さなんだなと後々気づきました。もう一度あの島へ行きたいってずっとずっと思い続け、そこからずっとカウアイ島に通うようになりました。

HLC カウアイ島の好きなところはどんな点でしょうか?

――写真家としてとても動きやすい島のサイズ感ですね。サイズ感?って思うかもしれませんが、様々なシチュエーションで撮影するのに、あまりにも広すぎるとほとんどが運転で終わってしまうこともあります。

カウアイ島なら、朝は朝陽が見れる場所、日中は渓谷やハナレイというカウアイ島のノースショアにあたる場所、夕方は西側へサンセットの絶景場所と、いい画が撮影ができるポイントを上手く回れることができます。凄くコンパクトな島なんです。

 

HLC 写真家ならではの視点ですね!写真を撮る際に、意識されてることなどはありますか?

――光と時間。そして同じ場所へ通い続けて最高の瞬間に出会うまで粘り続けることですね。

長いことハワイを撮影していても、しばらく期間が空いてしまうと野生の勘が鈍ったり、「あそこに行きたい、ここに行きたい」と行く前に想像を膨らまし過ぎてしまいます。そうするとどうしても観光っぽいバタバタした写真になってしまいます。

いかにその場所の文化や空気に馴染んで、住人のごとく安心した作品を撮影することが大事になります。だから同じ場所に通うことはとても大事ですね。

もしくは、一日同じ場所でゆったり過ごしているといい写真が撮れることも多いです。場所をたくさん変えることよりも、同じ場所で目の前に写る情景が変化していく部分を切り取るといい1枚が撮れたりします。

HLC そうやって素敵な写真が生まれるんですね!ハワイで撮影された写真で、特に印象的な1枚をあげるとしたらなんでしょうか?

――つい先日行ってきたカウアイ島で撮影した、ナ・パリ・コーストでの1枚です。フォトグラファーの友人と一緒に島を回ったので、いつもと違った撮影の旅になりました。

私にとって馴染みの場所ですが、彼にとっては初めてのカウアイ島で、改めて全て名所という名所をゆっくりと回り、感じることができました。

もし一人だったら素通りしてしまっている場所も、改めて立ち止まって見ることで、面白いほどに様々な発見がありました。それが今回の撮影全体に出てきましたね。カウアイ島のノースショア、ハナレイよりさらに進んだハエナ州立公園。

ここで感じられるエネルギー、そして沈んでいく夕陽と、力強く押し寄せる波がナパリコーストに打つかっていく姿は今回改めて衝撃でした。ファインダー越しで真っ暗になるまでアドレナリンが出っぱなしの瞬間でした。

 

HLC ALWAYS SUNSHINE CO.では素敵なインポートブランドをたくさん扱っていますね。HLCのサイトを見てくださってる方々に今オススメしたい、イチオシのブランドやアーティストはいらっしゃいますか?

――オススメのブランドは、Turquoise Blue Co.というレディースのアパレルブランドですね。デザイナーは私の妻が手がけており、来年の春から夏にかけて今新作を制作しています。こちらは是非楽しみにしていてほしいです。

そしてやはり、ALWAYS SUNSHINE CO.では自分の撮影した作品写真を用いて、より身近にハワイを感じて頂けたり、毎日ハッピーになって頂けるように、全て自分がデザインを手がけて制作している商品がオススメですね。

購入をきっかけに、日々SNSでアップしているハワイを撮影した作品を見ていただいています。そんな皆さんと私はずっとずっと繋がっていきたいなと思ってます。


 

HLC ショップのほうも注目ですね。多岐に渡って活躍されている杉本さんですが、これからチャレンジしていきたいことは何でしょうか?

――まだまだ未知で情報量も少ない離島の魅力、空気、人、文化をより身近に感じていただけるよう、写真や映像に力を入れていきたいと思ってます。

今はInstagramや便利なSNSツールで簡単に行きたい場所の写真が見れたり、訪れた先でも気軽に投稿できたりと展開が凄まじく早い。写真家たちのあり方が問われたり、変わってくる部分が今後でてくると思います。

その中で自分にしか撮れない一枚とは? それがこれからの面白い部分になってくるのかなと思います。

HLC 今後の杉本さんの作品も、いちファンとして楽しみです!ありがとうございました。

 

【Profile】
ハワイ移住をきっかけにハワイの島々を撮影し始める。2014年、大阪に拠点を移してギャラリー『Always Sunshine.Co Gallery』をオープン。自身の作品を販売する他、写真を使った商品のデザイン、プロデュースを手掛ける。
https://www.atsushisugimotofineartphotography.com/

【編集後記】
現地の文化や歴史、人を愛するマインドがある上で、そこに溶け込もうとする杉本さんだからこそ、心奪われる1枚が撮れるんだなと思いました。誰もが撮影し、投稿できる時代ですが、杉本さんの1枚はこれからも多くの人が待ち焦がれるはず。どんな瞬間を見せてくださるのか今後もとても楽しみです。