【ハワイリビング】値段も見た目もかわいい!絹糸のオリジナルタッセルでクッションカスタマイズ♪
- 2017/10/06

Aloha!HLCスタッフのSAORINです♪

朝晩は冷えるようになってきたこの頃。お部屋で過ごす楽しさが、より一層強まる時期ですね!ハワイ・ライフスタイル・クラブでも販売しているVivi Paletteのクッションカバーは、すでにチェックいただいていますか?

トロピカルな柄で十分魅力的なアイテムですが、タッセルをつけて華やかさを出すカスタマイズをご紹介♩手頃な価格の絹糸で、こんなに可愛くなりますよ!

以前のハワイリビングの様子はこちら>>

 

オリジナルタッセルで、クッションカバーをカスタマイズしよう

材料はこちら。

【材料表】
お好みのVivi Paletteのクッションカバー 1個
台紙 1枚
針 1本
お好みの絹糸 100mくらいがオススメ

まず絹糸を使ってタッセルを4つ作ります。絹糸の色は、クッションに使用されている色合いから選ぶのがオススメ!私はクッションカバーのHibiscusに、ビビッドな黄色の絹糸を組み合わせることにしました。

まず、絹糸を15cmくらいカットします。


カットした絹糸を横向きに挟みながら、クロスするように縦方向に絹糸を巻き付けていきます。200回巻きましょう。



ちなみに今回は幅が5.5cmくらいの台紙を使用しました。ハワイアンミニメッセージカードの大きさですので、持っていらっしゃる方はぜひ!

絹糸を使ったタッセルは、長すぎると糸同士がもたついてしまい野暮ったく見えますが、小ぶりだとボリュームが出て可愛らしい印象に。そしてお値段も可愛い……(今回も150円くらいで購入)!


200回巻き付けてボリュームが出たら、カットします。そして、横向きに挟んでおいた絹糸を軽く結び、束にします。



台紙から絹糸をはずし、軽く束ねていた絹糸をぐるぐると巻きつけて縛ったら、固結びします。結び目は接着剤でコーティングしておくことがポイント!接着剤を出しすぎてしまっても、ティッシュで拭き取れば問題ありません。



結び目の反対側、輪っかになっている箇所をはさみでカットします。


結び目が隠れるように絹糸を半分に折り、バラバラになった糸を束ねていきます。何周も巻き付けて、少し幅を出すと絶妙なバランスに。


絹糸をカットして固結びしたら、同じように接着剤で結び目をコーティングします。最後に毛先を整えれば完成!



同様の手順で4つタッセルを作ったら、次はクッションカバーの4つ角に縫い付ける作業です。

クッションカバーの裏面から縫い始めると、見た目がきれいに仕上がりますよ。


表面に針を出したら、最初にタッセルを束ねた絹糸の部分に通し、クッションカバーにタッセルを縫い付けていきます。


クッションカバーの生地の端に針を通すときは、固い部分もあるので気を付けて。



何度か同じことを繰り返し、しっかり縫い付けたら、最後にクッションカバーの裏面に針を出して玉どめをします。


四隅に同じようにタッセルをあしらえば、完成~!


簡単な装飾ですが、お部屋の雰囲気を一層明るくしてくれるカスタマイズ!次回もお楽しみに♪

 

SAORIN