【HLCスタッフおすすめハワイ】まるでアトラクション気分!モクレレ航空に乗ってマウイに行こう
- 2017/09/24

Aoha! HLCスタッフのTAMOです。

ハワイの離島に行く航空会社に多くの方はハワイアン航空やアイランドエアーで行かれたのではないでしょうか?

今回私はマウイに行くのに、モクレレ航空をチョイス。
あとで気がついたのですが、モクレレ航空というのは乗客がたった9人乗りというセスナ機。

あえてではなく何も知らずに選んでしまったので、正直「え?大丈夫かな。。。」と不安を感じながら日本から旅立ちました。

 

まずは国際線からの乗り換えです。

税関を出て団体用出口を出たら左手に進み、ハワイアン航空などがあるインターアイランドターミナルも越えて、少し歩いたところにモクレレ航空のなるコミューターターミナルがあります。

私がいった時は日本人どころか誰もコミュターターミナルに向かっている人がいなく、不安いっぱいで思わず近くにいたおじさんに合っているか聞いてしまいました。

ちなみに国際線の乗換方法は2018年版のハワイ手帳にも掲載されているのでチェックしてみてください!

乗り継ぎには余裕をもって2時間前にと、ガイドブックには書かれていたのですがご覧の通りカウンターもガラガラ。さすがに早くつきすぎたので、チェックインカウンターに行くとあっさり前の便に変更をしてくれました。

チェックイン時には飛行時の機体バランスをとる為なのか体重が聞かれることもあるそうなので要注意です。

搭乗口はまるでバスの待合室のようなカジュアルな雰囲気ですね。

飛行機までは滑走路を歩いて向かいます。

今回のパイロットと思しき方が待っていました。

機内の中はまるでマイクロバスのよう。操縦席も余裕で覗くことができる近さです。

いよいよ離陸です。思ったよりも揺れは少なく快適です。

私の座っていた真下にタイヤがあり、これが全機体をささえていたのか〜と思いました。

しばらくするとモロカイ島やラナイ島が見えてきます。セスナ機だからこそ見れる絶景です!

大型の飛行機では味わえないちょっとしたアトラクション気分。
空から見る街並みや、写真ではわかりづらいですが海にいるクジラの姿も肉眼で見ることができました。

そうこうしているとあっという間にマウイ島に到着しました。

到着時は自分で荷物を受け取り歩いて空港の外へ。

到着ロビーは無人で全くと言っていいほどセキュリテイがない感じです(笑)

到着したのはカパルア・ウェスト・マウイ空港。
ローカル感いっぱいの小さな空港です。

一応売店も併設されています。
カウンター席から見える景色は絶景! 時期によっては空港からクジラも見えますよ♪

ラハイナやカアナパリにホテルをとっているのであれば、ハワイアン航空など大型の飛行機が到着するカフルイ空港よりも圧倒的に近いので、すぐにホテルに直行できるのでもメリットの一つですよ◎

いつもと違った空の旅を味わいたいなら、ぜひモクレレ航空がおすすめです!