【Find Hawaii】千葉の海沿い注目スポット!ビーチを感じる、温もりあふれる家具屋さん
- 2017/08/21

Aloha!HLCスタッフのSAORINです。

私は千葉出身なのですが、地元に素敵なビーチカルチャーを発信するお店を発見したので取材に行ってきました。大網にあるUmikaguさんです♪デザインから制作までをトータルで行っており、名前の通り、ビーチ感漂う家具が魅力的なお店の様子をレポートします。

以前のFind Hawaiiはこちら>>

 

ビーチカルチャー好きにはたまらない「Umikagu」


お店が九十九里ビーチラインに面し、HPを見て気になった人はもちろん、海にやってきたサーファーが通りがけに「Umikagu」というネーミングに惹かれ、立ち寄ることも多いそう。

ここにオープンしたのは2年前。しかし、もともとは千葉の港町である金谷にあったシェアアトリエがスタート。使わなくなったホテルをリノベーションした場所でUmikaguを始めたんだそう。

「22歳くらいのときにサーフィンに出会い、趣味で海で拾った流木を使って、簡単な机などを作るようになりました。仕事で疲れて帰ってきても、家に自然のものがあると癒されるなーと感じるんです。」

そう話すのは店主の永澤さん。東京で会社勤めをしていたものの、流木やビーチグラスなど、自然やビーチを感じられる家具を本格的に作りたいと志し、ショップをスタートさせたそう。

店内の家具には2種類あり、新しい材料を古く見せて制作しているものと、本当に古い廃材を使って制作しているものが並びます。ビーチカルチャーのトレンドを抑えながら仕上げられたアイテムは見ているだけでワクワクしてきます。

 

デザインから制作まで、すべてを行う家具屋

木の優しい香りが漂う店内には、小さなスツールからしっかりとした数人掛けの椅子、大きな机まで様々な家具が並びますが、すべて永澤さんの手作り。こだわりが込められた家具は、佇まいにも趣きがあります。

こんな家具が一つ部屋にあったら、帰宅したとたんホッとするような、大事な存在になりそう。

Umikaguの販売スペースの隣は、永澤さんのアトリエ。普段は制作を中心に行い、お客様が来店すると、接客をしています。

接客して、どんな家具がいいかを聞いて、実際に商品を作って、喜んで買ってもらう……、そういったすべてのやりとりができることが楽しいと笑顔で話している姿がとても印象的。

一人でやると、感謝されるのも、怒られるのも全部自分。デザインや制作はもちろん、そういった細かなやりとりまで、すべて一人で担っている店主さんだからこそ、皆がここで購入したいと集まってくるのかもしれません。

(全部おすすめだと思うのですが)今のおすすめはありますか?と聞くと、パレットを解体してつくる椅子を紹介してくれました。「これを作っている間、すごく幸せだったんですよね。制作しているときは休みの日もどう加工しよう、どんな色を塗ろうと、常にワクワクしていたんです。」

そんな話を聞いたら、ますます魅力的に見えてしまうもの……。お店にあるものはすでに購入者が決まっていましたが、サイズ違いや色違いならオーダーも可能とのことです◎。

 

家具以外のものも並ぶ、癒される空間

お店には家具以外にも、永澤さんがセレクトした雑貨や、制作した時計がずらりと並びます。家具だけではなく、こういったアイテムも一緒に見られるのが嬉しい点♪

多肉植物も低価格でたくさんの種類から選べます。木の家具に合わせておいておくだけで、なんだか様になりますね。

お店の外にはブランコや、ハンモックをとりつけられるスペース、フォトスポットまであり多彩。家族連れでいらっしゃった方のお子様の相手をして、ご両親にじっくり見て選んでもらうこともあるそう。

今は木の家具中心ですが、鉄足と木をミックスした家具も、自分ですべて作れるようになりたいと話す永澤さん。今後のUmikaguの進化が楽しみでしょうがありません!

「海はいいんですよ。嫌なことがあって、気持ちが落ち込んでいるときも海に行くと元気になる。だから仕事が忙しくても、無理をして海には行くようにしてます。サーフィンで体が疲れても精神的に満たされるんですよね。」

そんな風に、海が本当に好きな永澤さんが作るからこそ、素敵な家具に仕上がっているに違いありません。ちなみに大網にあるCafe Beansさんに行けば、店内で使用されているUmikaguを体感することもできますよ◎。

ぜひとっておきの家具と出会いに、Umikaguへ出かけてみてくださいね♪

Umikagu
住所:〒299-3202千葉県大網白里市南今泉4881-125
TEL:080-1229-2114
営業時間:9:00〜19:00
定休日:不定休※詳しくはHPをご参照ください