ビーチ使用にぴったり。撥水加工が施された、差のでる大判スカーフ
- 2017/07/15


スカーフを使用したアレンジがファッションで注目を集める昨今。アクセントに役立つアイテムとして、ワードローブに取り入れている方も多いのではないでしょうか?

発売したVivi paletteの大判スカーフはハワイ好きのツボを抑えたデザインはもちろん、注目すべきはその機能性。普通のスカーフとはちょっと違う、特別なアイテムをじっくりご紹介します♪

 

 

大判スカーフのポイント【前編】

 

巻くだけでハッピーな気持ちになる、Vivi paletteデザイン!


96×96cmの大判スカーフの柄は3種類。どれも共通している南国らしさは、ハワイ発のライフスタイルブランド「Vivi palette」のデザインだからこそ。

まずは「Tribal」!ハワイにまつわる波や山をモチーフに落とし込んだカラフルな幾何学模様は、爽やかでカジュアルな装いにマッチしそう。ちょっとかすれた加工が、程よいリラックス感をプラスしてくれます。

そして「Pineapple」。グリーンで統一された色合いが、華美になりがちなパイナップルモチーフを大人っぽく仕上げています。縁取るようにあしらわれた濃いグリーンが着けこなしのアクセントに。

最後に「Hibiscus」。ぱっと視線を集める華やかな雰囲気は、さすがの代表的ハワイアンモチーフ!フォルムを描いた線が、甘くなりがちなデザインにスパイスを加え、エレガントにお楽しみいただけます。

 

 

ビーチに持っていくマストアイテムに!驚きの撥水加工


このスカーフは撥水加工が施され、表も裏も水をはじいてくれる優れもの。トップアスリートの水着にも使用される程の高性能で、フライパンのテフロンコーティングのように、水を強くはじきます。

しかし、織り目を塞いでいないので、いわゆる防水とは少々異なるのがポイント!水を運び、使用したい場所でシャワーのように利用することができます。いざというときの防災グッズとしても重宝しそうです。



また、通気性が保たれてムレないので、スカーフやひざ掛けがわりにもぴったり!旅行カバンの中で、衣類をまとめるときに風呂敷のように使用してもいいかもしれません。


そして撥水加工という長所を生かせるのは、やはりビーチでの使用ではないでしょうか。水着の上からパレオのように巻いたり、濡れたタオルを持ち帰るときに袋替わりにしたりしても便利です。


使用後は家庭用の洗濯機で他の衣類と一緒に洗濯しても問題ないので、汚れを気にせずに使いまわせるのもうれしい点。(洗剤には吸水性があるので撥水性能は一時的に低下しますが、湯又は水ですすぐと撥水性能が元に戻ります。)

特別な撥水加工というポイントを生かして、普通のスカーフとは一味違う使い方をお楽しみください!

 

Vivi Palette スカーフの購入はこちら