【Naturaction】太陽の恵みたっぷりの南国フルーツで、栄養バランスを整えよう!
- 2017/07/12

Aloha! HLCスタッフのNATSUです。

一年中、温暖な気候のハワイは「南国フルーツ」の宝庫。太陽の恵みをたっぷり蓄えたフルーツを、日本よりもお手軽に味わうことができます。

さらにフルーツは美味しいだけではなく、普段の食事で不足しがちな栄養素が豊富に含まれているため、食後のデザートやおやつに取り入れることで栄養バランスを整えることができます。

そこで今回は健康にも美容にもうれしい「南国フルーツ」をご紹介いたします。

 

食物繊維たっぷり!南国フルーツの王道「パイナップル」

ほどよい酸味と甘みがたまらない、代表的な南国フルーツ「パイナップル」。特にハワイのパイナップルは、日本で食べるものより甘みがあり、とてもジューシー。ビタミンB1や食物繊維をたっぷり含み、疲労回復や夏バテ、便秘解消などの効果があるとされています。

特にマウイ産の「マウイ・ゴールド」「カパルア・ゴールド」の品種は人気で、ファーマーズマーケットなどで入手することができます。またオアフには世界有数のパイナップル販売量を誇る「ドール」のパイナップル農園『ドール・プランテーション』があり、パイナップル好きな方にはオススメの観光スポットです。
【HLCスタッフのおすすめハワイ】パイナップル・ラバーズの聖地!ドール・プランテーションはこちら

 

世界三大美果のひとつ!大人気の高級フルーツ「アップルマンゴー」

南国フルーツの中で、特に人気の高い「アップルマンゴー」は今が旬。日本では3000円以上するマンゴーが、ハワイではなんと5ドル程度で買えることも。

さらにマンゴーは女性に嬉しい美肌効果が期待できる果物。「世界三大美果」と言われるだけに、肌の状態を整えてくれるビタミンA,C,Eなどが豊富に含まれているため、肌老化予防の効果が期待されています。

ただし、マンゴーはうるし科の植物なので、果肉や果汁が肌につくと痒くなったり、マンゴー花粉などの反応が出たりと、アレルギーを起こしやすい果物なので、初めて食べる方や小さなお子様は特に気をつけましょう。

 

紫外線対策にはこれ!ハズレなしのお手軽フルーツ「アップルバナナ」

ハワイのスーパーマーケットには、日本でも見かける一般的なバナナの他に、少し小ぶりで可愛い「アップルバナナ」もよく見かけます。その名の通り、バナナにリンゴのような酸味を少し加えた、若々しいバナナの味が特徴。すぐに皮が黒くなってしまいますが、果肉はおいしく食べることができます。

またバナナには「美容ビタミン」と呼ばれるビタミンB群が豊富に含まれ、皮膚の抵抗力を強める効果や肌の生まれ変わりをサポートする効果が期待できると言われています。

そのため紫外線が気になる日には、朝食にバナナを取り入れることで、身体の内側から紫外線対策を行うことができます。もちろんバナナを食べたからと言って、日焼け止めなどの紫外線対策は怠らずにしましょう♪

 

おいしくて、健康にも美容にもいい「南国フルーツ」ですが、同時に身体を冷やす効果もあるので、くれぐれも取りすぎにはご注意を。普段の生活に少しずつフルーツを取り入れて、栄養バランスが整った食生活にチャレンジしてみましょう!

 

NATSU