【ハワイリビング】ハワイ手帳2018をもっと使いやすく!紐で差がつくアレンジを楽しもう♪
- 2017/07/06

Aloha!HLCスタッフのSAORINです♪

いよいよハワイ手帳2018の予約販売がスタートしましたね♪早速、どの柄か1冊を選べない……なんてことに頭を悩ませている人も多いのでは?そんな今回は紐を使った、ハワイ手帳がもっと使いやすくなるカスタマイズをご紹介します!

もちろん、現在使用中のハワイ手帳2017でもご利用いただけるアイディアとなっています。ついカバーポケットにモノを多く入れてしまう……なんて方にオススメの、スマートな収納技です!

以前のハワイリビングの様子はこちら>>

 

紐でハワイ手帳をカスタマイズしよう

材料はこちら。

【材料表】
ハワイ手帳 1冊
紐(お好みで) 1個
タッセルA用糸(お好みで・細/太) 各1個
タッセルB用糸(お好みで・細/太) 各1個
丸カン(ゴールド・小) 3個

早速、ハワイ手帳をカバーから外します。そして透明なカバーと紙のカバーを重ねて、背の中央に目打ちで穴を開けます。


穴を貫通させましょう。穴のサイズは少し大きめにしたいので、目打ちは深く差し込んでしまってOKです。

中央の穴の上下に、等間隔に同じように穴を開けます。しかし、上下は紙のカバーのみに穴を開けましょう。


次に紐を用意し、180cmくらいの長さにカットします。

そして外側から中側に向けて、中央の穴に紐を通します。中側に10cmくらい出すように調節するのがポイント。

中側に余らせておいた、短い方の紐端と結び合わせます。たるまないように気を付けながら、2回結びましょう。


結び合わせたら、長い紐端を中側の上の穴から、外側に向けて出します。


再び外側の中央の穴から、中側に向けて紐を出します。入れづらいときは、目打ちを使って紐を穴に押し込みましょう。

中側に通したら、余っている短い方の紐端と結び合わせます。先ほどと同様に2回結びましょう。


短い方の紐端は短くカットし、長い方の紐端を、中側の中央の穴から外側に向けて出します。そして透明なカバーに開けた中央の穴にも同様に通します。


透明なカバーに紙のカバーと手帳本体をセットし、つけた紐をぐるぐると巻きます。


私は3周程巻くとちょうどよかったです!紐は長めに用意してあったので、お好みの場所でカットします。

そして紐端に丸カンを通し、2回結びます。余分な紐端はカットしましょう。

ここからは紐の端につける飾りづくりです。今回はタッセルをつけたいので、タッセルを作ります。
以前のタッセルづくりの詳しい様子はこちら>>

まずはタッセルA用糸の太いほうを10cm程カットします。フォークを用意し、糸を横向きに置いたら、十字になるように縦方向に向かってタッセルA用糸の細いほうを巻いていきます。150回程巻きましょう。

巻き終えたら太い糸を何度か巻いて結び合わせ、細い糸を束ねます。そして反対側をカットします。

タッセルの上部を太い糸で束ねます。ここはバランスがポイント!何度か巻いて幅を出すと可愛く仕上がります。

毛先を整えたらタッセルの上部に丸カンを通し、先ほどの紐端につけた丸カンにつなげます。


同様にタッセルBもつくり、つなげれば完成です!


透明カバーの内ポケットにモノを多く入れてしまって、手帳が広がりがちな方にオススメのカスタマイズでした!紐は革を使ったり、飾りはパーツにアレンジしても可愛く仕上がりそうですね♪次回もお楽しみに♪

 

SAORIN