【Aloha Interview Vol.83】シンガーソングライター/EDEN KAIさん
- 2017/06/27

2016年、テラスハウス アロハステートの初期メンバーとして出演し、人気を博したイーデン・カイさん。この6月に日本デビューアルバムをリリースしました。子どもの頃は内気で人づきあいも苦手であったという彼に、自身が変わるきっかけになったハワイでの生活、影響を受けたこと、そしてこれからの夢についてうかがいました。


HLC 日本デビューアルバム『MUSIC EOR YOU』のリリースおめでとうございます。

――ありがとうございます。このアルバムはこれまで自主制作で発表してきた『Touch The Sky』『Feel The Earth』の中から人気のある曲と、新しくレコーディングしたオリジナル曲を詰め合わせたものです。テラスハウスの卒業ソング「モノガタリ」も入っていますよ。オリジナル曲は全てハワイで作りました。

 

HLC 曲作りはどのようなシーンでされるのですか?

――自分の経験をもとにしたり、何かを想像したりして作っている場合が多いですね。ハワイの美しい景色をぼーっと眺めている時にふと浮かんでくることもあります。まず頭に引っかかるようなメロディーを作って、そこに歌詞をつけてつなげていくようなイメージで曲作りをしています。

 

HLC テラスハウスに出られてから周囲の環境は変わりましたか?

――最近、いろいろなことがめまぐるしく起こり、またそのスピードが早くなっていると感じます。子どもの頃は日本で子役としてテレビやCMなどに出ていましたが、ハワイに来てからはそれほど積極的にオーディションを受けていませんでした。勉強を兼ねて受けたテラスハウスのオーディションに受かって出演して、これほど周囲の環境が変わるとは思いませんでした。

 

HLC 自身の内面的な部分での変化はありましたか?

――日本に住んでいた頃は内気な性格だったのですが、ハワイ住むようになって少しずつオープンになってきていました。テラスハウスに住むようになってからは、そのスピードが加速した気がします。一緒に住んでいたメンバーは皆年上で仕事を持っている人もいたので、大人のつき合い方を学んだり、相談にのってもらったりするうちにさらに自分に自信が持てるようになり、きちんとした目標もできました。

HLC 子どもの頃から芸能活動をされていたとのことですが、音楽を始めたのは?

――両親が音楽好きで、幼い頃から家庭でマイケルジャクソンなどの曲や映像が流れていました。そういった影響を受けて歌を始めたのが5、6歳の時。そして11歳の時に「世界の友達」というオリジナルのチャリティソングを作り、リリースしました。ギターを始めたのは13歳の時で、ウクレレを始めたのはハワイに住み始めた14歳頃からです。

 

HLC 幼くして才能を開花させたのですね。

――音楽が好きな気持ちはずっと変わっていませんが、音楽に対する価値観が変わったり、視野が広がったりしたのはハワイに来てからです。それまでは普通の大学に進学し、普通に就職をするものだと思っていました。今は音楽以外考えられません。音楽で生計を立てていきたいと思っています。

 

HLC ハワイに移り住んだことによる影響が大きいのですね。

――ハワイはよい意味で不便なところです。東京にいると1つ角を曲がればすぐコンビニがあったりしますが、ハワイではそうはいきません。行きたい所に行ったり、見たい景色を見たり、感じたいものを感じるには自ら動くこと。それはハワイが教えてくれました。

 

HLC 学校生活はいかがでしたか?

――ハワイの子たちは本当に優しく、何も分からない僕に1から丁寧に教えてくれました。そういうこともあってハワイに来てから人と接することが好きになったのです。始めは両親の仕事の関係で引っ越して来たのですが、今ではハワイに来て本当によかったと思っています。ハワイに来なかったら今の自分はないし、今ような曲を作ることはできなかったでしょう。

HLC 現在のライフスタイルについて教えてください。

――最近は色々な場所に出かけることが好きになりました。テラスハウスで一緒に生活をしていたメンバーの店に遊びに行ったり、家の近くの絶景スポットで景色を見ながら曲作りのアイデアをもらったり。ハワイは時間の流れがゆったりしているので、僕もゆったり過ごしています。

 

HLC 最後に、将来の夢について教えてください。

――インターナショナルに活動できるアーティストとしてやっていきたいと思っています。また、日本では武道館で演奏したいです。その夢が叶ったらきっと泣いてしまうかも(笑)。まだまだ未熟なので、これから楽しいことも辛いこともたくさん経験しながら頑張っていきたいです。

 

HLC ありがとうございました。

 

【Profile】
イーデン・カイ
1998年日本生まれ、ハワイ在住。幼少期より演技やダンスを学び、子役としてTV番組やCM等に出演。11歳で初めてのオリジナル曲「世界の友達」 をチヤリティー・ソングとして制作、リリース。14歳で家族とハワイへ移り、ウクレレに出会う。16歳の時、ギター・ソロ・デビュー・アルバム 『Touch the Sky』を自主制作でリリース。 39th Na Hoku Hanohano Awards 2016 にノミネートされるだけでなく、第2回 2016ハワイ・ミュージック・アワード・ジャパン の「2016日本ハワイアン・アルバム特別賞」2016 Hawaii Music Awards Japan – Special Recognition Awardも受賞。同年、『テラスハウス アロハステート』の初期メンバーとして出演し、話題となっている。

Official twitter : https://twitter.com/edenkaiofficial
Official website : http://edenkai.com/
Official Facebook : https://www.facebook.com/edenkaiofficial

【Live Information】
7/29(土) FUJI ROCK FESTIVAL17’ 木道亭ステージ出演

【Japan debut album Information】
『Music For You』/全13曲収録
2017年6月21日発売/ 2,200(+tax)

【編集後記】
先日高校を卒業したばかり(取材当時)というEDEN KAIさんは、とてもピュアで優しい青年という印象。大好きな音楽のこと、ハワイのこと、友人たちのことなどについて、瞳を輝かせながら語ってくださいました。時折まだあどけない表情を見せつつも、しっかりとした目標をもち、自分の信じた道を歩んでいこうとする意思の強さも。ハワイだけでなく日本でも、今後の活躍が楽しみです。

 

MACHA